【MHW】モンハンワールドで「環境生物」探してたら激レアな昆虫「虹色ドスヘラクレス」を見つけた!

2018/02/13/ 01:33:40

モンハンワールド

モンハンワールドの世界で、日々探索を続けているハンターバルカズ。

今日も古代樹の森を徘徊しながら、生態系の調査を行っておりました。だらだら探索を続けていたところ、何やらレアっぽい虫を発見したので報告します。

環境生物を探して

「モンスターハンターワールド」では、その辺に生息しているモンスターだけでなく、マップ上にいる小動物や、地面を這う虫などの「環境生物」を「捕獲用網」を使うことで捕まえることができます。

モンハンワールド
このウサギは、もっとも捕まえられた環境生物だと思う。

今までもモンハンでは小動物や虫は生息しておりましたが、モンハンワールドからは実際に捕まえることで調査ポイントを得たり、マイハウスに飾ることが可能となりました。こういう環境生物の存在のおかげで、リアルな世界が再現されております。

そんなわけで環境生物を探してあちこちを放浪しておりました。自宅に飾りたいというのもありましたが、こういう収集要素があると集めたくなるのよね。初期マップの「古代樹の森」でもいろんな環境生物が棲んでいるので、集めきるのはかなり時間がかかりそう。

ほかのマップでも同様に探し回っていたんですが、砂漠のエリア「大蟻塚の荒地」にて、ちょっと違う生物を発見したのだった。

でかくてきれいな昆虫を発見!

「大蟻塚の荒地」は、いわゆる砂漠マップ。奥にある大きな蟻塚が特徴的です。

生態系も古代樹の森とは大きく異なっており、生息している環境生物も違っているのでハンターバルカズ的には胸躍る採取ツアーをエンジョイすることができましたw。

素材の入手もかねて、大蟻塚の荒地を探索して回っていると、気づいたら日が暮れ始める時間帯。新しいテント候補地も発見したためいったん帰還しようかとしていたところ、少し高いところにある木に、デカイ虫がくっついているのを発見。

モンハンワールドでは、シリーズおなじみ「不死虫」「にが虫」といった虫たちが実際にマップ上に出現しているんですが、見つけたのは明らかにそれらとは違う虫だった。

近づいて調べてみたところ、あっさり捕まえることに成功。

その虫の正体とは、

モンハンワールド

「虹色ドスヘラクレス」!

そして捕まえた瞬間にトロフィーもゲットだぜ!レアな環境生物は捕まえるとトロフィーが手に入るようになっているようですね。

「虹色ドスヘラクレス」を調べてみたところ「日の出と日の入りの時間にしか出現しない」との情報。今回見つけられたのはかなり運がよかったなぁw。

なお「虹色ドスヘラクレス」がいたのは「大蟻塚の荒地 エリア10の高台」でした。

せっかくなので部屋に飾ってみた

「虹色ドスヘラクレス」は環境生物。せっかくなので最近引っ越しした特等マイルームに飾ってみました。

モンハンワールド

こうやってみると結構でかいな!

きれいではあるけど、こんなでかい昆虫が自宅にいたらリアルの僕なら卒倒する自信があるw。

この「虹色ドスヘラクレス」は、大蟻塚の荒野だけで出現するのかはわかりませんが、見つけることでトロフィーと多めの調査ポイント、そして柱に飾れるようになります。

出現時間がわかれば探すこと自体は楽なんじゃないかと思うので、まだ見つけていない人は捕まえてみてね。( ͡° ͜ʖ ͡° )

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でバルカズをフォローしよう!

◆ブログランキング参加中!

1日一回「おうえん」していただけると嬉しいです