シリーズ新作『龍が如く7 光と闇の行方』2020年1月16日に発売!ゲームシステムはコマンドRPGに変更!

スポンサーリンク

龍が如く7の主人公・春日一番

セガの龍が如くシリーズ最新作「龍が如く7 光と闇の行方」が発表されました。

従来のシリーズとは主人公が変更となり、さらにゲームシステムもコマンド式RPG作品になりました。

スポンサーリンク

新主人公・春日一番の物語が描かれる

セガゲームズは本日「龍が如く最新作(仮称)」の発表会を開催し、シリーズ新作となる「龍が如く7 光と闇の行方」を発表しました。ハードはPS4で発売は2020年1月16日を予定、価格は8390円+税。

本作は龍が如く6の続編で、春日一番を主人公にした物語が新たな舞台、横浜・伊勢佐木異人町にて展開します。

2001年1月1日。東城会の三次団体「荒川組」に所属する極道、春日一番は、組長・荒川真澄から
若頭・沢城丈の犯した罪を被るよう頼み込まれ、出頭を決意します。春日は18年にも及ぶ刑務所生活を送ったのち、2019年に出所を果たします。しかし出所した春日を迎えるものは、誰一人いませんでした。

神室町に戻りやっとのことで荒川真澄と18年ぶりの再会を果たした春日でしたが、「死んでくれ」と告げられ銃撃を受けてしまいます。なんとか命だけはとりとめた春日でしたが、目覚めるとそこは横浜・伊勢佐木異人町のゴミ捨て場でした。

龍が如く7では、なぜ春日が撃たれるような状況になってしまったのか、そして仲間たちと出会い成長していく姿が描かれるとのこと。またゲームの俳優陣には中井貴一、堤真一、安田顕などを起用しています。

ゲームシステムが「コマンドRPG」になる!

龍が如く7の主人公・春日一番

龍が如く7の大きな特徴がゲームシステム。従来の龍が如くでは殴ったり蹴ったりヒートアクションをやってみたりとアクション性の高いバトルシステムが用意されていましたが、なんと龍が如く7ではコマンド入力式のRPGになっています。

龍が如く7のバトルシステム

「ライブコマンドRPGバトル」では、攻撃、極技、その他、戻るの4つのコマンドにRPGらしいパーティーメンバーのHPなどが表示されていますね。攻撃や回復、補助などの話材を選択しながら戦うようです。

また舞台となる横浜・伊勢佐木異人町は、神室町の3倍ほどの広さがあるとのこと。多くの遊びが街の中に用意されるそうです。

ということで龍が如く7が発表されたわけですが、ゲームシステムを大きく変えてきた部分は評価の分かれ目になりそう。主人公が桐生ちゃんじゃないのもどうなんだろう、春日が魅力的なキャラになっていればいいんだけどね~。

なおトレイラーでドラクエという単語が出ていますが、許可もちゃんととっているそうです。春日はドラクエ好きらしいですよ。

関連リンク:龍が如く7 公式サイトファミ通