スポンサーリンク

【感想】Switch『ピクミン4 体験版』をプレイ!やっぱりピクミン面白いわ~。買います!

「ピクミン4」体験版のタイトル画面

どうも、ドラクエ10の白ピクミンことバルカズです。先日配信開始となったNintendo Switch「ピクミン4 体験版」を遊んでみました。実際どんな塩梅の作品に仕上がっているのか。体験版をレビュー。

スポンサーリンク

「ピクミン4」体験版を遊んでみた

6月29日よりNintendo Switchにて配信開始となった「ピクミン4 体験版」。体験版とあるように、序盤部分をある程度プレイすことが可能なものとなっており、ピクミン4がどういったゲームなのか、またピクミン4からの新要素などを体験することが可能となっております。体験版のプレイデータは製品版に引き継げるぞ。

「ピクミン」がどういったゲームなのかを簡単に説明すると、謎の生物「ピクミン」に指示を出しつつ探索を行うという作品。ピクミンに物を運ばせたり戦わせたりしながら墜落した宇宙船を修理し、星からの脱出を図るというのが基本的な流れとなっています。ジャンルとしてはRTSですね。

「ピクミン4」のOPムービーのオリマー

「ピクミン4」のストーリーは、シリーズおなじみのキャラ「オリマー」が、とある惑星にて遭難してしまったことから始まる。オリマーを救助すべく「救助隊」が惑星に向かったものの、なんと救助隊も宇宙船が故障してしまい二重遭難してしまう事態に。そこで主人公であるプレイヤーが、救助隊とオリマーの捜索と救助に向かうという内容になっております。

「ピクミン4」で作った主人公キャラ「バルカズ」

今作では主人公の姿と名前を自分で決めることが可能。パーツ数は多くないけど個性は出せそう。救助隊員の生き残り(?)としてピクミンと協力し救助していくのだ。

チュートリアルを終えると最初の探索地点である「ひだまりの庭」をプレイ可能。ここで宇宙船のエネルギーを1500まで貯めるまで遊べます。

「ピクミン4」のオタカラ「ゲームボーイ アドバンスSP」

1500という数字がこれまた絶妙で、ちょっと探索したくらいじゃ足りないのよね。しかしオタカラを回収し、洞窟内にもぐったりしながら、ようやっと操作に慣れてきたくらいで到達する数値となっており「ああ!まだあのオタカラとれてないのに~!」といったところで終わってしまうため、そのまま製品版を買ってしまいたくなる巧妙な罠となっております。

またグラフィックもSwitchタイトルとしては綺麗。過去作よりも地面に近いカメラにすることもできて、景色を楽しみたかった人にとっては嬉しいところ。できれば常時60fpsにしてほしかったが、しゃーない。

「ピクミン4」の新キャラ「オッチン」

ピクミン4では、新要素となる「オッチン」というギリギリなネーミングの犬や、拠点での下準備、アイテムの使用などなど、これまでになかった要素が色々用意。その辺も体験版では触ることができるぞ。

製品版のボリュームに期待が高まるところではあるんだけど、できることが多くなった分、操作がちょい煩雑。覚えることも多くなった。ショートカットを設定できるとはいえ、シリーズ未経験だと一通りの操作を覚えるまで大変かもしれないなぁ。

「ピクミン4」でピクミンに指示を出しているところ

あとロード時間が長めなのが気になった。ティアキンよりも余裕で長いのはちょっとね、。製品版のアプデで改善してほしい。

「ピクミン4」買います

「ピクミン4」の新キャラ「オッチン」に乗った主人公

2013年のWiiU「ピクミン3」から10年越しの新作発売ということで「ピクミン4」に期待をしていたわけですが、体験版をやった感じ「こういうのでいいんだよ」という感想しか出てこなかったw。

基本のゲーム部分は完成しているため、物凄く目新しいという感じではないものの、シリーズ物として安定している印象ですね。また体験版の範囲だけでも結構な時間泥棒となっており、過去最大のボリュームを期待させてくれますな。

まだ見ぬピクミン、回収できてないオタカラ、そして救助しなければならない人々、

これはもう「ピクミン4」買うしかねぇ。( ͡° ͜ʖ ͡° )

体験版があろうがなかろうが買うつもりだったけどね!

Pikmin 4(ピクミン 4) -Switch

Pikmin 4(ピクミン 4) -Switch

5,636円(02/28 02:08時点)
Amazonの情報を掲載しています

ランキングの「おうえん」よろしくね!