スポンサーリンク

【感想】Switch版『グランド・セフト・オート:トリロジー:決定版』は携帯モードで遊びたい人向け。適当リマスターでシリーズの歴史に泥を塗ってはいけない

2021/11/16/ 10:36:08

GTAトリロジーのトミー

先日発売された「グランド・セフト・オート:トリロジー:決定版(GTAトリロジー)」。僕はSwitch版のほうを購入して実際にプレイしてみました。リマスターされたGTA三作品が、Switchでどんな塩梅となっているのか、人柱の意見として参考にしてみてね。

スポンサーリンク

GTAシリーズ過去作がリマスターされた一本

「グランド・セフト・オート:トリロジー:決定版(GTAトリロジー)」は、過去に発売された「グランドセフトオートIII(GTAIII)」『グランドセフトオート バイスシティ(GTA:VC)』「グランドセフトオート サンアンドレアス(GTA:SA)」の3作品を、現行機向けにリマスターした作品。対応ハードはPS4、PS5、XboxOne、Xbox Series X/S、Nintendo Switch、iOS 、Android、WIN10。価格は7700円。

リマスターに伴ってグラフィックが強化されたほか、システム面ではGTA5のようなラジオホイールと武器ホイール、自由な照準が可能になったことなどの改良が加えられています。

GTAトリロジーのGTA3で相手を狙ったところ

ゲーマーならだれもが知っているGTAシリーズの礎を築いた3、バイスシティと、日本でも人気が高いSAがリマスターされ遊べるということで、シリーズファンからの熱い視線が注がれていた作品。良い子のドラクエ10ブログとして知られるばるらぼ!でも取り上げてきましたね。僕自身この3作品は当然プレイしてきたし、思い出深い作品。リマスター版発表でめちゃめちゃ期待していたんだよ。

GTAトリロジーのGTA3のサルバトーレ

GTAトリロジーは現行機すべてで発売されておりますが、今回僕が購入したのはSwitch版。なぜPS5持ってるにもかかわらずSwitch版を選んだのか。理由は簡単、携帯モードで遊べるのが気になったからです。携帯機でGTA遊べるのは大きいでしょう。携帯機のGTAといえば「GTAチャイナタウンウォーズ」がDSで発売されていましたが、リマスターとはいえ任天堂機で出るのはそれ以来ですね。

GTAトリロジーの基本的なゲーム内容はオリジナルと変わらないので、今回の感想ではSwitch版がどんな感じなのかをご紹介します。

Switch版のグラフィックは期待するな

GTAトリロジーのGTA3ルイージ

見出しに結論を書いてしまっていますが、正直グラフィックに関しては期待してはいけません。トレーラーを始めてみた際には「めちゃ綺麗になってるじゃん!」と興奮したものだけど、Switch版に関しては“小綺麗になった”くらいの印象になっております。

確かにオリジナルのものと比べたら綺麗にはなっている。元はカクカクしたモデリングだったのが、GTAトリロジーでは丸みのあるものになっているし、生えている木も高精細、自動車も綺麗な造形になっています。特にバイスシティの町並みはネオンの輝きが綺麗で素晴らしいね。

しかし他機種版と比較しちゃうと、やはり見劣りしてしまう。PS5版とSwitch版で、どれくらい違うのかの比較動画があったので紹介しておきます。

まあPS5と比べたら違ってしまうのは当然ではある。でも単純なグラフィックでは違っていてもしょうがないかもしれんけど、Switch版GTAトリロジーでは、もっと深刻なグラフィック面での問題が発生しております。

それは、自動車や歩行者が突然出現してくる現象。

たしかオリジナルでも、自動車に乗ってスピードを出していると、ロードが間に合わないのか同じような現象が発生していた記憶。まさか20年後にも同じ現象に遭遇するとは、そこは再現しなくていいから(良心)。当時と比べたらゲーム機の性能は遥かに上がっているわけで、こういうプレイ感に直結する部分は直してほしかった。

GTAトリロジーのGTA3での銃撃戦

またフレームレートに関しても、PS5、Xbox seriesでは60fps対応を謳っておりますが、Switch版はというと、オリジナルよりはマシってくらいのフレームレートに落ち着いていた。それどころか一部の場面ではカクっとなってしまう現象も見受けられる。

わかりやすいのが3の武器屋で購入するところ。武器を取ってしばらくすると再度武器が出現するんだけど、その時にガクっとなります。またバイスシティでは、トミー最初のアジトであるオーシャンビューで、たまに一時停止したような現象に見舞われた。なぜこのような現象が起こるんだろう。

GTAトリロジーGTAVCの工事現場爆破

もう一つ、バイスシティではエイブリーのミッションで建築中の建物を爆破するものがあるんだけど、爆発時にゲームが止まったんじゃないかと勘違いしたわ。他機種ではカクつき起るんだろうか?GTAトリロジーのグラフィックに関して、すく案区ともSwitch版は期待してはダメ。

携帯モードではパフォーマンス低下

GTAトリロジーのGTASAの携帯モードで撮影したシーン

Switch版GTAトリロジー最大の売りというか、個人的に購入理由となった要素である携帯モードでのプレイだけど、これまた問題が。上で上げたグラフィックの問題が携帯モードだと悪化。ほかのゲームでも携帯モードになるとグラフィックが荒くなるソフトがあるけど、GTAトリロジーも同じように荒くなりフレームレートも低下しちゃう。うーん残念。それでも携帯モードで遊べる快適さはあります。

GTAトリロジーで遭遇した不具合

GTAトリロジーのGTAVCでトミーの頭が青くなったところ

GTAトリロジープレイ中には、いくつかの不具合もあった。一つはグラフィックに関すること。なぜかトミーの頭が青く光っていたのだった。ゲーム中、キャラの後頭部はよく見ることになるため、結構気になる不具合でした。青くなる以外にも白くなる現象にも遭遇。

危険な不具合としては、ゲームのエラー発生で強制終了も経験した。これはGTA3でミッション失敗時にリトライした際に起こったんだけど2回エラー落ちしました。一応オートセーブがあるので、やり直せばいいだけではあるけど、エラーはいかんでしょう。

さらにGTASAをプレイ中に、こんな不具合にも遭遇。これみて。

GTAトリロジーのシーザーの指
落ち着いていられるか!

シーザーの指がバケモンになっとるやんけ!!

こんな明らかにおかしい状態、普通は修正するだろ。笑っちゃったが本作の適当さを物語っている。

適当リマスターと言わざるを得ないクオリティで残念

GTAトリロジーのGTASAでの墓参りするシーン

他にも気になる部分としては、GTAトリロジーでは、いくつかのオーディオが削除されている点もマイナス。また「GTA5ベースのゲームシステム」というのも、武器とラジオのホイールと、自由に照準できるってくらいのものでゲームバランスもキャラの挙動も特に変更ありません。これでGTA5べースというのは誇大広告気味じゃない?

逆にGTAトリロジーの良い部分を挙げていくと、基本的なゲーム部分は変更されていないためゲームとしては十分楽しめるし、Switchなら携帯モードで遊べます。

GTAトリロジーのGTASAでのドライブバイ

さらに、これが一番良いところだと思うけど、GTASAは規制だらけの国内版ではなく、オリジナルが家庭用ゲーム機向けにローカライズされてる模様。一部規制されてるかもしれんが、少なくとも追い打ちはできます。

とまあ、Switch版GTAトリロジーの感想を色々書いてきましたが、悪いところばかり書いてしまっていますね。それだけ目に付く部分があったってこと。「決定版」とまで銘打ってるんだから、それ相応のクオリティで出してくれないとイカンでしょ。ロードが長い箇所もあるし、パッチで改善されんかなぁ。

価格も3000円くらいならギリ許せたけど、これはバラで買えないうえに7700円とフルプライス。期待してただけにこの出来は残念と言わざるを得ない。

結論として、GTAトリロジーSwitch版は携帯モードで遊びたい人向けであり、グラフィックが気になる人は他機種版を買いましょう。

でもPC版も遊べないとか話題になってたし、他機種版でも不具合が多発しているらしいし、やばいぞロックスター。決定版と言い難いものになっちゃってるのは哀しいなぁ。適当なリマスターを出して偉大なシリーズにクソを塗りたくってはいけない(戒め)。

Switch版GTAトリロジーのGTAVCの街並み

だけど今回久々にプレイして、元のクオリティの高さを改めて実感するとともに、昔このミッションで詰まったなぁ~といった思い出が蘇ってきた。VRockのラジオとともにバイスシティの夜を駆け抜けるのは気持ちがいいぜ。