「プレイステーション5(PS5)」公式の分解映像が公開!液体金属で放熱!

スポンサーリンク

PS5の公式分解映像

次世代機「プレイステーション5(PS5)」の公式分解映像が公開!PS5の中身をチェックしてみよう。

スポンサーリンク

SIE公式のPS5分解映像が公開される

SIEが11月12日に発売を予定している次世代機「プレイステーション5(PS5)」。予約が取れないことで発売前から話題になっているゲーム機ですが、本体の中身をお披露目する公式の分解映像が公開されました。

PS5の中身は、こうなっているようです。

PS5の本体サイズは、PS4よりも一回り大きい幅104mm、高さ390mm、奥行き260mm。サイズが大きくなったことで処理性能や静穏性が飛躍的に向上したとのこと。USBポートや排気口の場所なども紹介されています。

PS5本体を縦置きする際に用いる台座は、本体とネジで固定されており、外したネジは台座に収納可能。本体側のねじ穴を塞ぐキャップもついています。横置きにする際には台座を本体の文字列部分にひっかけて置きます。

本体両側の白いパネルはユーザーの手で取り外すことができ、後ろの角を持ち上げてスライドさせることで外せます。パネルを取り外すと側面に冷却ファンが確認できます。また本体内部にはダストキャッチャーが設けられており、溜まったホコリを掃除機で吸出すことができます。

PS5内部のダストキャッチャー

内部には将来の拡張ストレージ用にPCIe4.0に対応したM.2インターフェースが搭載されているのも確認できます。

冷却ファンは直径150mm厚さ45mm 両面吸気の大型ファンを搭載しています。また本体のCPUを放熱するために液体金属が用いられていることが明らかに。プロセッサーの熱を長期で安定した高い冷却性能を実現するために、液体金属を使ったTIMを採用したとしています。

PS5放熱のための液体金属

搭載されているヒートシンクは、エアフローの工夫によりベイパーチャンバーと同等の冷却性能を実現しているそうです。

冷却に液体金属を用いているというのは興味深いところ。液体金属というとターミネーター2を思い出しますな。