ゼルダBotWに似ているゲームとして注目を集めた『原神』PS4で発売決定!

スポンサーリンク

原神のPS4版発表ティザービジュアル

中国のメーカーが開発した「原神」がPS4で発売されることが発表されました。例のゼルダBotWライクなゲームですね。

スポンサーリンク

「原神」がPS4で登場!

原神のゲーム内映像

中国のゲームメーカーmiHoYoが開発したオープンワールドRPG「原神」が、PS4向けに発売されることをソニーインタラクティブエンタテインメント上海(SIESH)とmiHoYoが共同で発表しました。

本作は海外で「Gensin impact」というタイトルで発表され、6月にクローズドベータテストが行われていた作品。本作には大きな特徴がありました。

それはゲーム内容が任天堂「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」によく似ていたこと。ゼルダBotWをプレイしたにとっては、なかなかのデジャブ感がありましたね。

パラセールのようなもので移動したり、料理したりといった個所はかつて見たことがある光景。

クローズドベータの映像を見る限り、影響を受けていることを否定するほうが難しい感じでしたが、バルカズ的には「キャラはかわいいですね」的なコメントを旧ブログのほうで残していたような気がします。

そんな「原神」ですが、元々はPCとモバイル向けに開発が進められていた作品。今回のPS4版の発表とともに本作の世界観などが明らかとなっています。

オープンワールドRPG「原神」について

原神のゲーム内映像

『原神』のストーリーは「テイワット」という幻想大陸から始まる。プレイヤーはゲーム内で「旅人」と呼ばれるキャラクターに扮し、複数のキャラクターを操作しながら世界を自由に冒険することができる。また、未知なる世界を冒険しながら、性格や能力も異なる個性的な仲間たちと出会い、彼らと一緒に待ち受ける試練を乗り越え強敵に立ち向かっていく。最後には離れ離れになった最愛の家族を探し出し取り戻す事ができるのか、運命やいかに……。

「原神」発売は2020年を予定

最新トレイラーもあわせて公開されているのでチェックしてみましょう。

やっぱりキャラクターはかわいいな( ´Ꙩωꙩ` )。ゼルダの影響を受けているのは間違いないけど、アクション部分は爽快感のあるスピーディなものとなっております。

PS4「原神」は2020年に発売予定です。今後もベータテストが行われる予定。公式ツイッターも去年から開設されているので気になる人はフォローしてみてもいいかもしれませんね。

関連リンク:プレイステーションブログ