ニンテンドーダイレクトが配信されないせいで、任天堂アメリカ公式Twitterがプチ炎上

スポンサーリンク

ニンテンドーダイレクト2019年9月5日

ニンテンドーダイレクトが全然配信されないせいで、任天堂アメリカのTwitterアカウントがちょっとした炎上状態になっています。

スポンサーリンク

ニンダイが配信されない期間が歴代最長に

「Nintendo Direct」(ニンテンドーダイレクト)は、任天堂のゲーム機で発売されるゲームタイトルを紹介する情報番組。

2011年10月より放送がスタートしており、不定期に行われる放送では、発売予定タイトルに関する情報や、ダイレクトで初めて発表されるゲームの情報などもあり、世界中のユーザーが楽しみにしているネット番組です。

しかし現在、ニンテンドーダイレクトの放送が行われない期間が歴代最長を記録しています。直近で放送されたニンダイは2019年9月5日に放送されたニンテンドーダイレクトで、「Pokémon Direct」を除けば160日以上にわたり放送されていません。現在もニンダイの告知は行われておらず、空白期間の最長記録を更新し続けています。

公式Twitterにニンダイ放送を求めるリプがたくさんつく

放送される気配がないニンテンドーダイレクトに対し、海外のファンが任天堂の公式Twitterアカウントに対して、ニンテンドーダイレクトの放送を求めるリプライを飛ばしており、軽く炎上状態になっています。

任天堂アメリカの公式Twitterには多くのリプが寄せられています。内容はニンテンドーダイレクトの放送を求める内容ばかり。実際にどういった状態なのかはTwitterのほうをチェックしてみてください。

上に掲載しているのは一部ですが、ここ最近の任天堂アメリカのつぶやきに対しては、かなりの量のニンダイを求めるリプが送られています。それだけ注目度が高いといえますが、ニンダイの放送がないことに対してのフラストレーションは溜まっているようです。

Switchに関しては「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」の続編や「ゼノブレイドDE」の新情報、開発していることが発表されていながら、特に何の情報もないモノリスソフトのアクションゲームとか気になるタイトルがいくつか存在しております。

そろそろ何かしらダイレクトの放送で新しい情報が欲しいところですが、果たして2020年最初のニンダイはいつ放送されるのか、世界中の人が注目しています。

関連リンク:任天堂アメリカTwitter