スポンサーリンク

【ニンダイ】『Nintendo Direct』放送開始から10周年を迎える!任天堂が“直接!”情報を伝える番組

ニンテンドーダイレクトの初回放送時タイトル

時が経つのは早いもの、任天堂のゲーム情報番組「Nintendo Direct(ニンテンドーダイレクト)」が本日10周年を迎えました。

スポンサーリンク

ニンダイが10周年を迎える

今から10年前の2011年10月21日は「Nintendo Direct」の初回放送が行われた日。本日2021年10月21日で放送開始から10周年を迎えました。今でも任天堂公式Twitterには、第一回放送を告知する岩田社長のツイートが残っています。

ニンダイは元々、任天堂が何かしらの情報を公開する際に情報が誤った形で拡散されてしまう状況に対処するために、当時の岩田社長自らがメディアを介さずゲームファンへ情報を“直接!”お届けする試みとしてスタートしたものでした。

2011年頃は雑誌のフラゲがネットにアップされ、その情報が歪んだ形でまとめられることが多くあった時期、またゲームメディアに掲載される情報も間違った形で伝わってしまうことがあり、頭を悩ませた任天堂がニンダイを始めることになったという背景があります。

社長自らがユーザーに向けてゲーム情報をプレゼンするという番組はゲームファンから高評価を受け、以後不定期放送されるようになりました。ニンテンドー3DSからWiiU、Nintendo Switchとハードが進化するにつれ注目度もアップ。ニンダイで初報が公開されるソフトも多く、サプライズを期待するユーザーも多くいます。

番組自体も岩田社長が情報を紹介する内容から徐々に変化。出演者には宮本茂氏や桜井政博氏、ゲストに他社のクリエイターが出演することもありました。番組構成も小泉歓晃氏がプレゼンターを務めるようになった2017年4月13日放送回からはヘッドライン形式になり見やすいものに。

また「ドラゴンクエストX」「スプラトゥーン」「ゼノブレイド2」「スマブラ」「あつまれ どうぶつの森」「ポケモン」など特定タイトルに特化したニンダイや「Nintendo Direct mini」のようなミニ番組版も放送されてきました。

そして現在では、任天堂公式Twitterでニンダイの放送が告知されるとトレンド入りするのが当たり前。ゲーム好き注目のイベントとして定着しています。「スマブラSP」新ファイターの発表で毎回Twitterが騒がしくなるのも恒例行事と化していますね。

気になるタイトルの新情報がないか、僕も毎回楽しみしておりますぞ。この10年間ニンダイが果たした役割は大きなものだったと感じます。ゲームメーカー自らが情報発信することが多くなったのはニンダイの影響が大きいのでは。今後もニンダイは放送されるけど、そのたびにゲーム好きを湧かせてくれるはず。ニンダイ10周年おめでとうございます。d(゚θ゚)b

関連リンク:Nintendo Direct 任天堂公式チャンネルのリスト