スポンサーリンク

【エルデンリング】『王を待つ礼拝堂』に再訪。アイツをボコったついでにアイテム回収!

エルデンリング「王を待つ礼拝堂」

エルデンリングで狭間の地を冒険していたところ「魔石剣の鍵」なるアイテムを入手。これを使うことで転送門を開くことができるという。手に入れた以上早速使ってみたいというわけで、とある場所で使ったところ「王を待つ礼拝堂」に来ることができたぞ!あの野郎に復讐じゃ!

スポンサーリンク

「魔石剣の鍵」を使って「王を待つ礼拝堂」へ

エルデンリング「四鐘楼」にある王を待つ礼拝堂への転送門

狭間の地、湖のリレーニエ西部にある「四鐘楼」。ここには3つの転送門が用意されております。転送門は封印が施されており「魔石剣の鍵」を使うことで解除可能。魔石剣の鍵は四鐘楼に1個あるほか「魔術学院レアルカリア」、ケイリッドの「魔術街サリア」にもあります。「王を待つ礼拝堂」へ行ける転送門付近には、メッセージで「王を待つ断崖」と書かれているんでわかりやすい。

「王を待つ礼拝堂」、なんとも懐かしい響きのエリア。エルデンリングのゲーム開始直後に訪れることになる場所。思えばここからすべてが始まったんだよなぁ。

とはいえ狭間の地での冒険が長時間に渡っているが故、転送門を抜けエリア名表示された際は、すっかり忘れてしまっており普通に新エリアと思ったのは僕だけじゃないはず( ͡° ͜ʖ ͡° ) 。

そんなわけで久々の王を待つ礼拝堂にやってきたわけだが、転送門でやってこれる場所は、最初にやってきた場所とは反対側。あの「接ぎ木の貴公子」が襲ってきた場所の先にワープします。なるほど撃破できていれば、ここに来ることができたわけね。では早速、

エルデンリング「王を待つ礼拝堂」にいる接ぎ木の貴公子

接ぎ木の貴公子と再戦じゃ、あのクソ初見殺しにリベンジしちゃる。( ´Ꙩωꙩ` )

始めた当時、操作自体おぼつかない状態で戦わされた記憶がよみがえってくるぜ。ほぼ何もできずやられたが、あの頃とは違い、今の僕はグレートソードを片手でぶん回せるほど強くなっている。負けるわけがねぇ!

ボス部屋へ入り、接ぎ木の貴公子と嬉しくない再会を果たし、あいさつ代わりにグレートソードをジャンプ斬りでお見舞い!あとは攻撃よけつつザクザク切っていけば、接ぎ木の貴公子さん無事昇天。

エルデンリング「王を待つ礼拝堂」にいる接ぎ木の貴公子を倒した瞬間

ショボイソウルを落としていった。初見時には翻弄されたボスであってもレベルを上げて物理で殴ればええんじゃい!積年の恨みを晴らせて気分よく探索に移れるわね~。

2つのアイテムを回収しよう

接ぎ木の貴公子もほどほどに王を待つ礼拝堂へGO。改めて見回してみると、対岸に見えるのはストームヴィル城をぬけたところだったんだなぁと、初見時には気づかんかったところを知るとともに、どうにかしてイリス教会側から、ここに来れるのではなかろうかと飛び降りを何度か試みたことも思い出しました。

エルデンリング「王を待つ礼拝堂」2度目に訪れると通れる通路
以前はいけなかった通路が開いてるぞ。

さて、改めて王を待つ礼拝堂を探索していると、ワザップの犠牲者たちの血だまりがたくさんあるところの付近に以前は行けなかった通路が開通しているのを発見。通路の先を少し進んでみると、戦灰「嵐の鷹ディーネ」と貴重品「嵐鷹の古王」という2つのアイテムをゲット。戦灰はいいとして「嵐鷹の古王」はどこで使うんじゃろな?

エルデンリング「王を待つ礼拝堂」にある「嵐鷹の古王」
エルデンリング戦灰「嵐の鷹ディーネ」

と思ったら、大円卓にいるネフェリ・ルーに手渡すことができた。なんか元気なさそうだったんだが、とりあえず気を持ち直したようで何より。

「王を待つ礼拝堂」に行ってみよう

改めてやってきた王を待つ礼拝堂では、2つのアイテムを回収することができました。一個はイベント進行用なので、ネフェリー・ルーのイベントを進めたい人は、王を待つ礼拝堂へ行くようにしましょう(゚θ゚)。

なお、他にも何かあるかと探索していたところ、、

エルデンリング「王を待つ礼拝堂」の崖崩れトラップ

コントみたいな崖崩れワナに引っかかったわ!

すぐに戻ってこれる場所ではあるけど、エルデンリングでの探索時には常に注意しておこう。