【感想】PS4『デス・ストランディング』配達は楽しいけど人を選ぶ作品。好き嫌いは分かれそう

スポンサーリンク

デスストランディングのタイトル画面

11月8日に発売されたPS4「DEATH STRANDING(デス・ストランディング)」。ファストトラベルができるところまで進めたので、ここまでのプレイの感想を書きたいと思います。

小島秀夫監督の新作ということもあり注目の高い作品。デスストが実際のところ、どんな内容の作品になっていたのか。

スポンサーリンク

デスストとはどんな作品?

PS4の大作として発売前から国内外で注目を集めていた「DEATH STRANDING(デス・ストランディング)」。メタルギアシリーズの小島秀夫氏が立ち上げた、小島プロダクションの完全新作タイトルです。主演にはノーマン・リーダス、マッツ・ミケルセン、リンゼイ・ワグナー、ギレルモ・デル・トロなど豪華俳優陣にも注目。

ざっくりデスストがどんな作品なのかを紹介すると、「デス・ストランディング」という現象が起こったことで崩壊してしまった世界が舞台。分断されたアメリカを再建するべく、伝説の配達人であるサム・ポーター・ブリッジスが、アメリカ再建のため各地の街を繋ぐべく奔走します。

サム・ポーター・ブリッジス

トレーラーだけみたらなんのことやらわからないかもしれませんが、話は難解でも基本的なゲーム内容は、各地に荷物を配達して回るというものなのでシンプルといえばシンプルです。広大なオープンワールドの各地にサムが荷物を届けてまわります。

ルートを考えて配達する面白さ

荷物を運ぶデスストランディングのサム

デスストのゲームシステムは、依頼された荷物をサムが目的の場所に配達して回るというもの。町の端末で仕事を請け負ったら、荷物を背負って目的地まで向かいます。このとき荷物に関しては自分でどのように背負って持っていくのかを決めます。

背中に背負った荷物には重量があり、ただ背負うだけだとアンバランスな状態になってしまい持ち運ぶと転倒してしまうリスクがあります。転倒してしまうと荷物が傷ついてしまうほか、崖などで転倒するとケガの危険性や、荷物がどこに行ったかわからなくなってしまうことも。

そういうのを避けるためにも、まずは荷物の重量配分を決める必要があります。「なんかめんどくさいな」と思う人もいるでしょうが安心してください。三角ボタンを押すと自動でバランスの良い配置にしてくれます。アイテムも背負っていくことになるので無駄なものは持っていけません。

荷物を運ぶデスストランディングのサム

荷物を背負ったら配達開始。道中はかなりデコボコしており、道なき道を進むことになるため大変。悪路を進むと足を取られて転倒に危険性があるし、川の中を進もうとしても深いところは溺れる可能性があります。バランスを崩したらL2かR2を押してバランスを取ります。

できるだけ足を取られない場所を選んで進んでいくのが大切。そのためオドラデクという怪しげなセンサーを使って周囲をサーチ。これでサーチをすると、周囲の起伏を可視化できるほか、落ちている荷物も見つけやすくなります。道中には誰かが落とした荷物があったりして、それも運ぶことで喜ばれます。

荷物を運ぶデスストランディングのロープ

最短ルートで進みたいのが人情というものですが、崖や川などがあるせいでそううまくはいきません。下手に動いて荷物を傷つけてしまうと問題だし、少し遠回りしても安全に進むようにしたいところ。でも道具を使うことでショートカットもできます。

ロープを使えば上り下りできるようになるし、梯子も同じく崖に立てかけて使えるほか、ちょっとした川や谷に使えば道とすることもできます。

荷物を運ぶデスストランディングの敵BT

道中には「BT」や「ミュ-ル」という敵も登場。BTというのは死者の魂的な存在らしく、幽霊みたいにその辺に浮いています。こいつに触れるとマズいため、MGSよろしくステルスしながらよけていくことになります。ゲーム序盤では対抗手段がないので結構怖い。

ゲームを進めると「血液グレネード」という武器も使えるようになるけど、たくさん持っていけるわけではないので、やはりやり過ごすのが基本となります。

ミュールは宅配中毒の連中で、サムの持っている荷物を狙ってくる敵。こいつらは徒党を組んでやってくるうえ、センサーでこちらを探知してやってくるようで、これまためんどくさい奴ら。見つかったら一体ずつ捌いていくのがいいんだけど、これまた対抗手段が序盤では乏しいので、できるだけミュールがいる場所は避けていくほうがいいです。

ルートを考えながら、時にはアイテムを駆使したりして宅配をしていくのが、デスストの主なゲーム内容となります。

実際に「ここはこういうルートで行こうかな」みたいなことを考えながら進むのは面白いし、アイテムは他のプレイヤーとシェアする要素もあり、それがまた面白い要素になっています。

他のプレイヤーとの緩やかなつながり

荷物を運ぶデスストランディングでユーザーが建てたの看板

デスストの大きな特徴の一つが他プレイヤーとの緩やかなつながり「 ソーシャル・ストランド・システム 」。通常は他プレイヤーと直接出会うことはありませんが、他のプレイヤーが建てた看板や橋などの施設、ロープやはしごなどがマップ上に出現しており、それを利用することができます。

また自分がマップ上で作ったものも他プレイヤーが使用することがあり、いいねをもらうことができます。自分が歩いたルートと同じ場所を他プレイヤーが移動すると通知があったりと、緩やかな繋がりをゲームプレイで感じることができます。

プレイヤー的に大きく助かるのが施設や梯子などを利用できることです。川に大きな橋が架かっていれば大きくショートカットすることができるし、便利なところの建ててくれている施設にはいいね連打しちゃうw。

デスストランディングのロープ

3話になると国道を復旧させることができるんだけど、これも他プレイヤーが復旧してくれていたりして大助かりです。僕もカイラル結晶を収めて復旧には貢献しましたが、ちょうど鉄を切らしていて自分一人では復旧させることができなかった。誰かが残りの素材を投入してくれたおかげで、ミュールが徘徊するエリアを素通りすることができるようになりました。すげえ便利。

デスストランディングのバイク

運んでいる途中でバイクを発見したんだけど、これはおそらくプレイヤーが作ったもの。バッテリー切れで放置したのもかもしれませんが、近くに発電機を建てて使用することにしました。すげえ快適!

デスストランディングのバイク

途中でBTに遭遇してバイクは放棄したけど、これが常用できるようになれば配達は楽になりそうだ。

ネットを介した緩やかなつながりというとダークソウルを思い出す人も多そうですが、むしろこちらはPS4「トゥモローチルドレン」というゲームに近いですね。2017年にサービス終了しちゃったゲームだけど、トゥモローチルドレンは他のプレイヤーが作った施設を使えたり、アイテムを使うことができました。さらにプレイヤーの姿もはっきりと見えないという点でも似ています。

ただ、緩やかなつながりは面白い要素ではあるんだけど、もう少し他プレイヤーの存在を感じたいなあと思ってしまう。ぼんやりでもいいから別世界のサムの姿が見れたらよかったんだが。

デスストの気になったところ、最初の3時間が辛い等

デスストランディングでのコミュニケーション

デスストをやり始めて最初に感じるのは、ムービーがやたら挿入されるということです。ストーリーが気になる人は別に気にならないとは思いますが、早く色々フィールドで遊んでみたいと思う人だとイライラするでしょう。

最初の3時間は半分くらいがムービーと言ってよく、人によってはここで合う合わないが決まるかと。ストーリーに引き込まれたならアリだし、そうでなければ苦痛です。最初の3時間を超えるとようやく色々できることが多くなってきて面白くなってきます。

デスストランディングのヒッグス

ただムービーの多さは、ゲームを進めていってもそう変わらない印象。結局ストーリーが好きかどうかでゲーム評価はかなり変わってくると思います。

ゲーム内容も基本的には宅配をするだけなので単調に感じてしまいます。3話くらいまでなら、まだまだできることが多く、新鮮さもあってかしばらくはずっと配達出来るくらいハマれるんですが、基本は変わらないため、そのうち飽きを感じるかも。

サム・ポーター・ブリッジス

あとは文字が小さいです。僕のテレビが小さいわけではなく本当に小さい。オプションでいじれないのか探したくらいだった。これはアプデでどうにかしてほしい。

デスストは好き嫌いが分かれるゲーム

デスストランディングの温泉

デス・ストランディングは合う人にとっては合うものの、そうでない人は向かないというゲームです。メインのゲーム部分は宅配するだけだし、一時的にはハマるけど飽きるのも早いかもしれない。

小島監督作品のストーリーが好きな人はムービーが多くても楽しめます。専門用語やSFなガジェット、ストーリー展開などは小島監督の作品だな~って感じになっております。また宅配だけでも割と楽しめるし、ほかの人とのつながりを感じられるのも面白い要素。ただもっと人を感じられるようにはしてほしかった。

ストーリーやゲームシステムは好き嫌いが分かれるゲームに仕上がっており、万人におすすめできるゲームではないけど、興味があるならプレイしてみていい作品です。デスストで世界中のユーザーと繋がり、世界を繋いでみよう。そして僕に「いいね」を下さい。

【PS4】DEATH STRANDING

【PS4】DEATH STRANDING

5,730円(11/13 00:13時点)
Amazonの情報を掲載しています