PC版『Fallout 76』アイテムを強奪されるチートの被害者が救済。アイテムが盗まれる前のキャラのクローンが作成される

スポンサーリンク

Falloutのボルトボーイ

年末に話題になったPC版「Fallout 76」のチート騒動。被害者の救済が行われました。その救済方法はクローンを作成するというものでした。

スポンサーリンク

チート被害者を救済

去年の12月に起こったPC版「Fallout 76」のチート騒動。チートではチーター側がアイテムを盗みたい相手を視界内に入れるだけで、インベントリ内にあるアイテムを根こそぎ奪うことができてしまうという極悪な代物。貴重なアイテムを奪われてしまったPCユーザーの被害報告が国内外で上がっていました。

ベセスダ『Fallout 76』PC版で所持アイテムを盗まれるチートに関しアプデで対応したことを発表

チートに関してはすでに対策が行われていますが、ベセスダがチート被害にあったユーザーを対象に救済策をとったことがわかりました。

救済策ではチーターに盗まれたインベントリアイテムを復元するため、被害に会う前の2019年12月20日時点のキャラクタークローンを作成し配布するというもの。ゲームプレイ時にはデフォルトでクローンキャラが選択されていますが、メインメニューのキャラ選択から現在プレイ中のキャラを選択することもできます。また現在プレイ中のキャラとクローンキャラの所持品を合体させるセキュアトレードも用意されています。

またゲーム内通貨Atomsも提供されています。このAtomsは月額サービス「Fallout 1st」に加入していた場合は、サービスで提供される5か月分のAtomsにあたる8250Atomsが配布、加入していない場合でも3か月分の4950Atomsが配布されます。さらに「Fallout 1st」のメンバーシップ3か月も付与されます。

被害にあう前のクローンのキャラを作成する形で救済が行われるという対応となりました。被害にあった人はこれで一安心ということになりますね。

関連リンク:PolygonTwitter