スポンサーリンク

全然買えないPS5、2022年まで品薄状態が続くらしい

PS5本体の画像とコントローラー

品薄状態が話題になるPS5ですが、この状況は2022年まで続くらしいですよ。

スポンサーリンク

来年まで供給不足が続く模様

発売以来、世界各国で品薄が続いているSIEの「PS5(プレイステーション5)」。日本でも転売屋の横行や抽選販売ばかり行われていて、ほしい人が買えない事態が続いています。しかしこの状況は来年まで続くことを覚悟したほうがよさそう、、。

米ブルームバーグが5月10日報じたところによると、ソニーのCFO十時裕樹氏が、PS5の供給についてアナリストグループに説明したところによると「今年は需要が落ち着いていないと思います。来年もっと多くのデバイスを確保し、PS5をたくさん生産したとしても、私たちの供給は需要に追いつくことができません。」と述べたとのこと。

PS5の供給が不足している理由としては、新型コロナウイルスの影響により、PS5で使用する半導体などの部品供給不足によるものが大きいとのこと。このため需要に対して十分な供給ができない状態になってしまっているという。

僕も以前、予約戦争に翻弄された挙句、心が疲弊してしまいました。もう心理的には「その辺で買えるようになったら買えばいいかな」というところにまで熱が下がっております。

プレステ5が全然買えないせいで、僕のようになってしまった人も多くいるかと思いますが、来年まで品薄が続く可能性が高いとは、。コロナの影響で部品がないとはいえ、品薄が常態化しすぎなのは欲しい人からすれば歯がゆいし、転売屋へのヘイトも高まってきますね。

とりあえず僕は、店頭で買えるようになった買うくらいの気持ちで待っておくついでに、転売屋が1週間くらいゲリピーするように呪っておきます。

関連リンク:BloombergPolygon

【PS5】BIOHAZARD VILLAGE Z Version

【PS5】BIOHAZARD VILLAGE Z Version

3,584円(09/27 01:36時点)
Amazonの情報を掲載しています

PS5SIE,ソニー

Posted by バルカズ