スポンサーリンク

Switchでゲームのプログラミングを学べる『ナビつき! つくってわかる はじめてゲームプログラミング』6月11日発売決定

「ナビつき! つくってわかる はじめてゲームプログラミング 」の初報映像

任天堂から「ナビつき! つくってわかる はじめてゲームプログラミング 」が発売決定。Switchでゲーム制作を学ぶことができる!

スポンサーリンク

任天堂の開発室から生まれたゲーム制作ソフト

任天堂はNintendo Switch用ソフト「ナビつき! つくってわかる はじめてゲームプログラミング」を6月11日に発売することを発表しました。価格はパッケージ版3480円(税込)、ダウンロード版2980円(税込)。

「任天堂のゲーム開発室から生まれた」という本作は、簡単操作でゲームプログラミングを学ぶことができるという内容。Switchの中に暮らしているという不思議な生き物「ノードン」というキャラクターをつなげることで、ゲームプログラミングを楽しむことができるという。

例えば「スティックノードン」と「ヒトノードン」を繋げれば、キャラクターを動かすことができるようになるなど直感的な操作でゲームプログラミングの基本を学んでいく。

ゲームモードにはプログラミングを体験する「ナビつきレッスン」が用意されており、ナビゲーションに従ってノードンをつなげていくことで様々なゲーム制作することもできます。

「チェックポイント」では、プログラミングを使ったパズルに挑戦して、レッスンの内容を理解できているかを確認することができます。

「フリープログラミングモード」では自分で1からゲーム制作を行えます。BGMをつけたり、自分で書いたテクスチャをゲーム内に登場させることも可能。これまでの経験を生かして作成したゲームを、インターネット上(Nintendo Switch Onlineへの加入が必要)やローカル通信で公開することができます。

なお本作の操作では、スティック操作やジャイロ操作、タッチ操作のほかにも、TVモード限定ではあるもののUSBマウスを使うことも可能。またパッケージ版には、ゲームを遊んでいないときでも、ノードンたちの機能や使い方を確認できる「ノードンふりかえりカード」が付属。これはマイニンテンドーストアで単体販売も行われます。価格は500円。

ナビつきレッスンが用意されているのはいいですね。この手のゲームだと何をしていいかわからなくなりがちだけど、ナビに従いながらゲームを作っていけるので、とっつきやすそうだ。

関連リンク:ナビつき! つくってわかる はじめてゲームプログラミング公式サイト