スポンサーリンク

【ヘキサギア】ガバナー『ウォーメイジ・ツェルベルス』組み立ててみた!小さいけれどゲームキャラみたいでカッコイイ

ヘキサギア「ウォーメイジ・ツェルベルス」の箱

以前から気になっていたプラモデルシリーズ「ヘキサギア」。ついに欲望に負けて何個か購入してしまいました。今回組んでみたのは、人型キャラクター「ウォーメイジ・ツェルベルス」。自分でプラモデルをくみ上げるのはかなり久々だったぜ。

スポンサーリンク

ガバナー「ウォーメイジ・ツェルベルス」とは

そもそも「ヘキサギアって何?」という人も多いと思いますが、ざっくり説明するとコトブキヤが展開しているプラモデルシリーズの一つ。ヘキサグラムという六角形のパーツを基本として、プラモとして組み立てるだけでなく、それらをブロックトイみたいに組み合わせて遊ぶことができるという代物です。

一応世界観や設定などがあるけど、気になる人はアーマードコアっぽい退廃的な雰囲気を漂わせている公式サイトでも見てね。

そんなヘキサギアですが、ロボットだけでなく人型のキャラ「ガバナー」が存在しております。ガバナーは自分で組み立てる可動フィギュアのようなもので様々なヘキサギアにガバナーを乗せて遊ぶことができるのじゃ。

僕が買ったガバナーは「ウォーメイジ・ツェルベルス」。価格は2200円くらい。

見た目がFPSに出てきそうなキャラっぽくてカッコイイ。設定をみると「ウォーメイジタイプ」というブレインマシンインターフェイスを搭載した思考操作型ターボプロテクターを纏ったガバナーのうちの一体とのこと。基本は同じだけどカラーと装備などが異なる「ウォーメイジ・ヘッツァー」というガバナーもいるので、どちらがいいかは好みで選ぼう。

「ウォーメイジ・ツェルベルス」を組み立てる

ヘキサギア「ウォーメイジ・ツェルベルス」のランナー

早速箱からランナーを取り出して、ウォーメイジ・ツェルベルスを組み立ててみる。箱から取り出してみると、ランナーの枚数は結構少な目。久々にプラモを組み立てる身としては、これくらいの手軽さだと助かります。素材を見てみると、ただのプラスチックではなくABS製だ。ABSなので塗装に関しては一工夫いる感じだね。

それにしても小さい。何せガバナーの全高は76mm、そらパーツ一つ一つが小さいのは当然ですな。パーツをなくしてしまうと見つけられなくなりそうw。どんだけ小さいかわかりやすいようにSwitchのジョイコンと比べてみた。

ヘキサギア「ウォーメイジ・ツェルベルス」のランナーとジョイコン
ジョイコンとの比較。ランナーの小ささがわかってもらえるはず。

頭部は組み立てるとこんな感じ。

ヘキサギア「ウォーメイジ・ツェルベルス」の頭部

これまた結構小さい。塗り分けは大変そうだけど、塗らなくてもカッコイイね。

パーツ総数は少ないので組み立てそのものに時間はあまりかからない。丁寧にニッパーで二度切りしながらやっても1~2時間あれば完成させることができます。

「ウォーメイジ・ツェルベルス」完成!

素組したヘキサギア「ウォーメイジ・ツェルベルス」

説明書に従って組み立てること1~2時間、ついに「ウォーメイジ・ツェルベルス」完成いたしました!

画像は当然塗装していないけど、塗らなくてもグリーンとグレーの整形色で適度にメカっぽくて十分イカしています。武器についてはレーザーライフルが付いていて持たせることができます。ライフルは銃口が開いてないのでピンバイスで穴をあけたいところ。

レーザーライフルを背負ったヘキサギア「ウォーメイジ・ツェルベルス」
背中にレーザーライフルを背負うことができる。
レーザーライフルを持ったヘキサギア「ウォーメイジ・ツェルベルス」

可動域も十分あり、交換用の手首パーツもついているので、いろんなポーズをとらせて遊ぶことができます。まさに自分で作る可動フィギュアだ。この小ささでここまで動くのかと感心しますよw。

レーザーライフルを構えたヘキサギア「ウォーメイジ・ツェルベルス」

ただ問題点がないわけではなく、手首パーツは結構取れやすいです。ポーズをとらせようとしたら、どこかに手首がポーンと飛んで行ってしまった。手首も交換して遊べるようになっているとはいえ、取れやすすぎるように思います。もうちょい固めでもよかったな。

ヘキサギア入門用には良いアイテム

レーザーライフルを上に持ったヘキサギア「ウォーメイジ・ツェルベルス」

人生初ヘキサギア「ウォーメイジ・ツェルベルス」を組み立ててみました。久々のプラモづくり楽しいw。ランナーは多くないし、小さいものの組み立てやすいキットなのでヘキサギア入門用として良いアイテムですね。デザインもカッコイイし、何より自分で作った分愛着が持てますな。

この一体だけでもいじって遊べるけど、やはりガバナーだけでは物足りないよね。

ということで実はすでに別のヘキサギアを購入済みなのじゃ。次回コイツが乗れるヘキサギアを組み立ててみるぞ。プラモ記事に需要があるかは知らないw。