スポンサーリンク

【ヘキサギア】『スケアクロウ フォレストカラーVer.』無骨な逆関節型がイイ!

ヘキサギア「スケアクロウ フォレストカラー」の箱

ヘキサギア「スケアクロウ フォレストカラーVer.」を買ってみたぞ!逆関節のロボ型ヘキサギア、どんな代物なのか早速組んでみた。

スポンサーリンク

ヘキサギア「スケアクロウ フォレストカラー」を組む

前回ヘキサギアのガバナー「ウォーメイジ ツェルベルス」を組んでみたわけですが、ガバナー1体だけでは物足りないよね~。ってことで、一緒に購入していた「スケアクロウ」を組んでみることにしました。価格は2800円くらい。

今回購入したのは「スケアクロウ フォレストカラーVer.」。スケアクロウは通常カラーとして水色のモデルもあるんだけど、フォレストカラーはミリタリー感のある色合いで良き。

スケアクロウはヘキサギアの第2世代で、第三世代ヘキサギアが登場する前に大量配備されていた機体とのこと。ヘキサギア本来の多用途重機としての性格が色濃く残っており、簡素な仕組み故に低コストで製造が可能な半自律機動兵器として使われ続けているという。いかにも量産されてますって感じだもんな。

ヘキサギア「スケアクロウ フォレストカラー」のランナー

ランナーはこんな感じ。あたりまえだけどガバナーとは違って一つ一つの部品が大きいな。枚数もあまりないので組みやすそう。

ヘキサギア「スケアクロウ フォレストカラー」のヘキサグラムストレージのランナー

これを組み立てると円筒形の物体ヘキサグラムストレージに。ストレージはヘキサグラムをしまったり取り出したりすることができるもの。覆っているカバーは上下に可動します。プラモって感じのランナーをみてちょっと興奮w。ちなみにスケアクロウを組み立てる際には接着剤は不要です。そのままパチパチ組んでいけますぞ。

ヘキサギア「スケアクロウ フォレストカラー」のヘキサグラムストレージ

このヘキサギアストレージに下半身を生やしていく感じですね。上にあるのは操縦席。ここにガバナーを搭乗させて遊ぶことができます。バイクに乗るような感じなのね。背もたれは前後に可動、二人乗りできるくらいのスペースがあります。

ヘキサギア「スケアクロウ フォレストカラー」の操縦席

この操縦席のステップはガバナー用だけじゃなくて、フレームアームズガール用のものも用意されているのでFAガールを持っている人なら、そちらを乗せて遊べます。

ヘキサギア「スケアクロウ フォレストカラー」の足

スケアクロウの足部分。逆間接型の足にはサスペンション部分もあるので、それっぽく塗ると雰囲気アップしそう。また凶悪なチェーンソーもかかとに用意されております。このチェーンソーは取り外して持ち手を付けると、ガバナーが持つことができる。建機的な使い方もいいし、武器として持たせるのもアリ。また立たせる際に安定させるのに役立ちます。

ヘキサギア「スケアクロウ フォレストカラー」の各パーツ

各パーツを組み上げたところ。作業用の腕も簡素なつくりですね。爪の部分は動かせます。あとは各パーツをくっつけていくと完成していきます。

そして、、

ヘキサギア「スケアクロウ フォレストカラー」の素組

ヘキサギア「スケアクロウ フォレストカラー」完成!

組み上げてみると本当に武骨なヘキサギア、ミリタリーカラーなのもカッコいい。逆関節機体は、いかにも大量生産されてますって感じを醸し出しております。機銃の位置は微妙にセンシティブw。この機関銃はグリップを取り付けることでFAガールとかに持たせることができます。

ヘキサギア「スケアクロウ フォレストカラー」の素組を正面から撮影

白い紙で撮影ブース的なものが作れるかと思ったらそうでもなかったw。ストレージ部には赤いクリアパーツの目というかセンサーがついています。なお目のクリアパーツ、メチャメチャ小さい!ゴマ粒みたいな小ささなので、ニッパーで切り出した際に飛んでいかないように注意が必要。

スケアクロウは作りやすくてガバナーのお供におすすめ!

ヘキサギア「スケアクロウ フォレストカラー」にガバナーを乗せたところ

スケアクロウにガバナーのツェルベルス君を乗せてみました。スケアクロウで偵察・索敵任務を遂行中、みたいなシチュを想像。こうやってヘキサギアとガバナーを組みあわせて遊ぶのが面白いですね~。

組んでみた感じ、難しいところもないので2~3時間もあれば十分組めます。慣れていればもっと早いかも。クリアパーツが極小なので紛失に注意するくらいかな。

やはりヘキサギアはガバナーと一緒に揃えてこそ。ガバナーのお供としても、ガチャガチャいじって遊ぶのにもいいし、これまたヘキサギア入門用におすすめの一体でございました。

でも組んじゃうと、さらに色々ほしくなってきてしまった、。