Nintendo Switchが国内販売台数1000万台を突破!

スポンサーリンク

Nintendo Switch本体の画像

Nintendo Switchが国内販売台数1000万台を突破したことが発表されました。

スポンサーリンク

1000万台の大台を突破

任天堂はNintendo SwitchとNintendo Switch Liteの国内販売台数が、1000万台を突破したことを発表しました。2017年3月3日に発売となったNintendoSwitchですが、約2年半かけて大台を突破したことになります。

Switchは発売直後から入手困難な状態になり、僕も発売日に買いに走ったものの、店頭で「予約のみなんですよ~」などと言われて悲しい思いをした思い出がありますが、発売後から快進撃ともいえる好調ぶりを発揮。

ソフトもロンチタイトルの「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」や「スプラトゥーン2」、WiiUで発売された作品の異色作「マリオカート8DX」、「スーパーマリオオデッセイ」、発売前から個人的に注目していた「ゼノブレイド2」など強力なソフトラインナップを発売1年目に揃えておりました。

今年9月には携帯モードに特化して価格を安く抑えたNintendoSwitch Liteが、またノーマルのSwitchも内蔵バッテリーが強化されたモデルが8月から販売中です。

今後も「ポケットモンスター ソード・シールド」の発売も控えているほか、先日発売された「リングフィットアベンチャー」も品薄状態になるなど好調な動きを見せています。まだまだSwitchの好調ぶりは続くことになりそうですね。

関連リンク:任天堂ニュースリリース

リングフィット アドベンチャー -Switch

リングフィット アドベンチャー -Switch

11,500円(11/12 10:21時点)
Amazonの情報を掲載しています