【Fallout76】フラットウッズの町が便利!食料と水の問題はここで解決だぜ

スポンサーリンク

Fallout76での武器作成

監察官のキャンプの近くに最初のCAMPを立ててパイプピストルを製作する僕。実際序盤では大活躍するし使い勝手がいいよね。

セールでFallout76を買ったことから始まったアパラチア生活。基本的なシステムは大体わかり、今もあちこちを放浪し続けておりますが、いまだにフラットウッズ周辺を拠点にしながら探索をしております。だって便利なんだもの。

スポンサーリンク

食料と水の調達が大事!

ハムのイラスト

Fallout76では食料と水が大変重要。ゲームをプレイしていると時間の経過でどんどん食料と水のゲージが下がっていき、一定のところまで減ってしまうとAPが少なくなってしまうのよね。APとはアクションポイントのことで、これを使ってダッシュやらV.A.T.S.やらを使います。

ともかく減ってしまうと困るんだけど、これを回復するには食料や水をどこかで調達する必要があります。初期に持っているものだけではすぐに尽きてしまいますからね。食料のゲージは気づいたら割と減っていたりするので、これを疎かにしてはアパラチアでは生き残ることができない。

そんなわけで探索の折には十分な蓄えが必要となるんですが、初心者の僕ははどこで食料を稼いでいいかわからなかった。このままでは干からびて死んでしまう!

でもそこはちゃんと考えられているんだね~。Vault 76から出てしばらくしたところにある町「フラットウッズ」が食糧問題を解決してくれる素敵な場所だったのだ。

フラットウッズで食料と水をゲット!

Fallout76のフラットウッズ

Vault 76から南に行ったところにあるのがフラットウッズの町。広くはないけどメインクエストで最初に訪れる町となっております。ここの教会に向かうことになるんだけど、フラットウッズは食料と水がたくさん手に入る町なのだ!

まず食料としては、その辺にバラモンが沸いているので倒すことで「バラモンの肉」が手に入る。川の近くにラッドスタックもいるのでこちらも倒せば「ラッドスタックの肉」が手に入ります。あとはこれを酒場の近くにあるクッキングステーションで焼けば立派な食料になります。トレーラーハウス内では「リブアイステーキのレシピ」もあった。

また川や手動ポンプからは「汚れた水」が手に入る。木材も倒木から手に入るのでこれもクッキングステーションで「沸騰した水」にすることで多少安全な飲み水になります。植物ではシルトビーン、発光キノコ、テイトなども取れるので、それを使ってスープなんかも作れるぞ。

フラットウッズで食料と水を収集すれば食料と水には困ることはないね~。アパラチアに放り出されて突き当たった食糧問題だったけど、わりとすぐに解消することができたのだったw。

他にもフラットウッズには便利なことが色々

Fallout76での武器作成

食料調達だけでなく、フラットウッズは色々便利なところが多い。まずは各種クラフトツールが町中に点在しているためCAMPで作っていない場合は、ここのものを使えばいい。Campの変わりにはなりにくいけど、フラットウッズなら一通り揃っているのは大きいですね。

また街中にはジャンクもたくさん落ちているので、それらを解体していると結構素材アイテムが手に入ります。教会には店代わりのプロテクトロン君がいるのも地味に便利。出現する敵も序盤の町ということもありグールくらいしかいない。フラットウッズ、なんて便利な町なんだろう。

今もここから離れられない

フラットウッズ近くで見つけた10mmピストルの入った箱

テープレコーダーの情報を頼りにフラットウッズの周辺を探索していたら、木の中にこんなものを見つけた。箱の中をみると10mmピストルが入っておりました。

このころはパイプピストルくらいしか持っていなかったため、ようやくまともな装備が手に入ったぞ!と喜んだけど、しばらくするとスコーチが結構な割合で10mmピストル持ってて、レア感はすぐに薄れたのは余談も余談。

フラットウッズが便利な街なのは確かなようで、今でも割とプレイヤーと遭遇することが多い街です。水があり食料もある、そら多くのプレイヤーが来るわなぁ。少なくとも序盤はここを拠点に活動するのが良さそうですね。

というか、いまだにフラットウッズ近辺から離れられない。

ここから離れて活動するようになったら中級者といった感じかな。