新型Switch、Joy-Conのスティック基部が少し変更

スポンサーリンク

Switchのジョイコン

今後日本でも発売されるバッテリー時間が延長された新モデルのSwitch。同梱されているJoy-Conのスティックの基部が少し変更されているのがわかりました。

スポンサーリンク

不具合を解消している?

分解されたSwitchのジョイコン

海外では一部地域で販売が開始され、日本では8月下旬から発売される新型のNintendo Switch。バッテリー持続時間が従来モデルよりも延長されているのが特徴でしたが、どうやら同梱されているJoy-Conにも一部改良が加えられているようです。

YoutuberのKevin Kensonさんがアップした動画では、新モデルのSwitchについて違いを紹介。その中でJoy-Conを分解しているシーンがアップされています。

動画によると従来のJoy-Conとの違いとして、Joy-Conのスティック基部の形状が変更されていることがわかります。

分解されたSwitchのジョイコン
手前が新型SwitchのJoy-Conのスティック基部で奥が従来のスティック基部。

この基部の変更で最近話題になっている「Joy-Conドリフト問題」を解消することができているのかはわかりませんが、少なくとも変更が加えられているのは間違いありません。これからSwitchを買う人は新モデルを買ったほうがいいかもしれませんね。

Joy-Con(L) ネオンパープル/(R) ネオンオレンジ

Joy-Con(L) ネオンパープル/(R) ネオンオレンジ

7,920円(11/19 18:05時点)
Amazonの情報を掲載しています