Switch「バイオハザード7 レジデント イービル クラウドバージョン」体験版をプレイしてみた!

バイオハザード7クラウドバージョン

カプコン「バイオハザード7 クラウドバージョン」。スイッチ版ではクラウドゲームということで、プレイ感覚はどうなのか気になるところよね。

そんなわけでクラウド版バイオハザード7の体験版をプレイしてみることにしましたぞ。

「バイオハザード7 クラウドバージョン」とは

5月24日から配信開始となったSwitch「バイオハザード7 クラウドバージョン」とは
どういうものなのでしょうか。

「バイオハザード7 レジデント イービル」は、2017年1月26日よりPS4/XboxOne/PCで発売されたバイオハザードシリーズの最新作。

特徴としてはバイオ4から続いた斜め後方からのTPS視点から、今作ではFPS視点になりました。
これによりゲームへの没入感が上がり、より恐怖感が演出されることに。

また体力も過去作のようなバイタルサイン方式に、さらにアイテムの入手個数も限定されるという、システム的には原点回帰的なところもあった作品でした。

まあゲーム自体は一年以上前に他機種で発売されているものであり、すでにプレイした人もいるかもしれませんが、Switch版は「クラウドバージョン」となっています。

クラウドゲームについてざっくり説明すると、ゲームの処理はネット上にあるサーバー側で行われるため、Switch側にはゲームデータは必要ありません。必要となるのは軽いアプリだけです。ドラクエ10でも3DSとスマホ版はクラウドゲーですが、あれみたいなものです。

バイオ7のような大容量のゲームをSwitchで出すのは難しそうですが、クラウドゲームにすることでリリースできたということかな。

なおバイオハザード7クラウドバージョンは、「グロテスクバージョン」と言われる表現が過激なバージョンがベースになっているためZ指定であり18歳未満はプレイできません。また配信中のDLC部分も遊ぶことができるとのこと。

バイオハザード7クラウド版をプレイするには、利用券を購入する方式となっており、
180日間で2000円です。

まずは体験版が15分間プレイできるので、体験版で利用券を買うかどうか判断しましょう。

バイオハザード7クラウド版の操作感覚やグラフィックは?

ということでバイオハザード7クラウドの説明はそこそこに、実際のプレイ感覚はどんな塩梅なのでしょうか。クラウドゲームということもあり、操作にラグがあったりするのではないかと不安もありましたが、実際にプレイしてみるとPS4版と大きく変わらない感じではありました。

ただし、クラウドゲームなので自宅の通信環境に大きく左右される点には注意。

しかし僕のSwitch本体では電波強度5と十分だったものの、ゲーム中は2くらいの表示となっておりました。なんでだろう?またプツっという音もまれに聞こえました。
ゲーム開始時点ではジャイロONになってるのも注意したほうがいいかな。

バイオハザード7クラウドバージョン

操作感覚は悪くないけど通信環境に左右されるのは間違いないので、
プレイ感は利用環境によりますね。

お次はグラフィック。バイオ7のグラフィックは綺麗な部類に入るんだけど、クラウド版ではPS4に比べてやや劣っているようにも感じました。両方を厳密に見比べたわけではないけど、
PS4と同等というわけではなさそう。

バイオハザード7クラウドバージョン

ただそうであったとしてもグラフィックは悪くないし恐怖感は落ちていないかと。

部屋の内部はこのような感じ。

バイオハザード7クラウドバージョン

このキッチンの汚さはしっかり表現されています。もちろん鍋の中のモノもね( ´Ꙩωꙩ` )。

通路もスクショを見ると結構きれいだ。

バイオハザード7クラウドバージョン

そしてビデオデッキのある部屋。

バイオハザード7クラウドバージョン

雰囲気はバッチリだね。スクショから伝わるかどうかはわかりませんが怖さは十分。
この後ビデオデッキを入れてしばらく進んだあたりで体験版が終了しました。

体験版が終わると利用券を購入するかどうかの画面が表示。ここでさらにプレイしたい場合は利用券を買いましょう。

バイオハザード7クラウドバージョン

クラウド版でもバイオ7は十分遊べる

「バイオハザード7 クラウドバージョン」の体験版をプレイしてみました。
残念ながら体験版の15分という短い時間では敵との戦い以前に、有名なファミパンと出会うことも出来ませんでしたが、プレイ感覚は体験することができました。

結論としては、クラウド版でも十分にバイオハザード7でございました。

またSwitchでのプレイということもあり、TVモードだけでなく携帯モードでも遊ぶことができるのは大きいのではないでしょうか。手の平サイズのゲーム画面でバイオ7をやるのは
ちょっと新感覚かも?

ただクラウドゲーなので通信環境によってプレイ感覚が変わっていること。またセーブデータもサーバー側にあり、利用券を買っていないとセーブが消えてしまうこともあるようです。

PS4を持っているのならそちらでプレイしたほうがいいかな。あくまでもSwitchでバイオ7が
遊べるという部分が重要なのではないでしょうか。

「バイオハザード7 クラウドバージョン」は現在配信中。興味がある人はeショップからDLして遊んでみよう。

■関連リンク
バイオハザード7 クラウドバージョン公式サイト

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でバルカズをフォローしよう!

◆ブログランキング参加中!

1日一回「おうえん」していただけると嬉しいです