スポンサーリンク

任天堂、宇治小倉工場用地を「任天堂資料館(仮称)」として再利用へ。新しい観光名所になりそう

任天堂資料館(仮称)のイメージ

任天堂が宇治小倉工場用地を「任天堂資料館(仮称)」として再利用することを発表しました。

スポンサーリンク

工場用地が任天堂の資料館になる

任天堂はプレスリリースにて、京都府宇治市御倉町にある任天堂宇治小倉工場用地を「任天堂資料館(仮称)」として再利用することを発表しました。

任天堂宇治小倉工場は、1969年に「宇治工場」として建設され、その後、現在の宇治工場(京都府宇治市槇島町)の建設と増改築に伴い、1988年に「宇治小倉工場」へ改称。宇治小倉工場では、主にトランプ・花札の製造、サービスセンターとしてゲーム機の修理業務などを行っていたものの、2016年11月にそれらの業務を宇治工場に移管したため、用地および建屋利用を検討していたとのこと。

今回資料館として再利用する背景には、任天堂がこれまで発売してきた商品の資料館の設置を検討していたことに加え、近鉄小倉駅周辺の活性化を図る宇治市の意向もあったそう。

貴重な資料もたくさんありそうだし、任天堂の資料館が完成したら新しい観光スポットになるのは間違いないね。修学旅行で見に行くってことも将来ありそうだ。

「任天堂資料館(仮称)」は2023年度(2024年3月期)の完成を予定。

関連リンク:任天堂宇治小倉工場用地の利用について