任天堂が創業130周年を迎える!

スポンサーリンク

任天堂 昔の任天堂

任天堂が9月23日をもって創業130周年を迎えました。

スポンサーリンク

任天堂が130歳を迎える

任天堂 昔の任天堂

任天堂が2019年9月23日をもって創業から130周年を迎えました。任天堂は1889年(明治22年)9月23日に、山内房治郎氏が京都府京都市下京区に任天堂骨牌を創業したのが始まりでした。元々は花札の製造を行っていましたが、1902年に日本で初めてトランプの製造を開始しました。

戦後には日本初のプラスチック製トランプを製造。任天堂骨牌から任天堂株式会社になったのは1963年のことです。現在ではゲーム会社として有名な企業ではありますが、花札とトランプは今でも日本屈指のシェアを持ちます。

ゲーム会社としては1977年に三菱電機と共同開発した「カラーテレビゲーム15」と「カラーテレビゲーム6」で参入。1980年には横井軍平氏が電卓から着想を得たゲーム&ウォッチが大ヒット。さらに1983年にはファミリーコンピューターを発売し、ゲーム会社として不動の地位を確立していきます。

現在の最新ハードであるNintendo Switchも順調に普及台数を伸ばしており、先日には携帯モードに特化したNintendo Switch Liteも発売。11月にはポケモン最新作も控えているなど、まだまだ勢いは衰えそうにありません。

130周年を迎えた任天堂、今後もどんなゲームで我々を楽しませてくれるのか注目ですね。

Nintendo Switch Lite ターコイズ

Nintendo Switch Lite ターコイズ

20,443円(10/22 12:54時点)
Amazonの情報を掲載しています