【貴重】明治22年、創業当時の任天堂の写真が発見される

任天堂 昔の任天堂

なかなか貴重かも。

明治22年の創業当時の任天堂の姿が写った写真が発見されました。

スポンサーリンク

明治時代の任天堂の姿

明治時代から150年を記念したプロジェクト「明治150年・京都のキセキ・プロジェクト」が昨年末にオンライン上で開始されています。このプロジェクトでは、明治期に京都で行われたことを共有することで、今と未来に活かしすという趣旨のもと行われているものです。

その中には、今から約130年前、創業当時の任天堂の姿を撮影した写真が掲載されています。

任天堂 昔の任天堂

任天堂は、1889年(明治22年)に山内房治郎が、京都市下京区に「任天堂骨牌(山内房治郎商店)」を創業したのが始まり。花札の製造を行っていたことが有名ですが、1902年(明治35年)には日本で初めてトランプの製造を始めました。

今ではゲーム業界や日本を代表する会社となった任天堂ですが、創業当時の姿を写した写真は歴史的にも貴重な一枚、海外ゲームサイトPolygonでも取り上げられており、海外のゲーマーの間で話題になっていました。

「明治150年・京都のキセキ・プロジェクト」のページでは「灰孝本店と任天堂の基礎を築いた山内房治郎」として特集ページが掲載されているので興味がある人はチェックしてみましょう。

■関連リンク
Polygon

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でバルカズをフォローしよう!

◆ブログランキング参加中!

1日一回「おうえん」していただけると嬉しいです