スポンサーリンク

バンダイナムコのロゴが2022年に変更!なんだか無個性なデザインになってしまう

バンダイナムコの新しいロゴ

バンダイナムコのロゴデザインが変更されることが明らかに。あのなじみ深いロゴがなくなってしまうのか、。

スポンサーリンク

来年4月にバンナムのロゴが変更

バンダイナムコグループは企業理念体系を改定し「パーパス(存在理由)」を制定するとともに、現在のコーポレートロゴマークを、2022年4月に変更することを発表しました。

バンダイナムコのパーパスは「Fun for All into the Future」。その内容は以下の通り。

Fun for All into the Future
もっと広く。もっと深く。
「夢・遊び・感動」を。
うれしい。たのしい。泣ける。勇気をもらう。
誰かに伝えたくなる。誰かに会いたくなる。
エンターテインメントが生み出す心の豊かさで、
人と人、人と社会、人と世界がつながる。
そんな未来を、バンダイナムコは世界中のすべての人とともに創ります。

ロゴマーク変更決定のプレスリリース

「パーパス」の制定と新ロゴマークへの変更についてプレスリリースでは「変化が激しくグローバル市場での競争が激化するとともに、ファンの嗜好やライフスタイルが多様化する中、各社の個性を活かしながら各地域で ALL BANDAI NAMCO の一体感と総合力を高め、グループブランドの価値を向上することを目的としています。」と述べています。

パーパスの制定にあたっては、社内外への企業イメージ調査、各地域における社員のディスカッションで上がった要素ををもとに決定したとのことで、次期中期計画より「パーパス」がグループにおける最上位の概念となり、ビジョンや戦略はパーパスにこめた思いを踏まえて策定を行うとのこと。

また新しいロゴについては、現在の融合(フュージョン)をテーマとした現在のロゴマークから「パーパス」にこめた思いを踏まえた新ロゴマークへ変更。社名にバンダイナムコを冠する会社のロゴマークは全てこのマークを使用します。

バンダイナムコの新ロゴ

デザインに関してはマンガ文化を象徴する“吹き出し”をロゴマークに取り入れることで、世界中のファンとコミュニケーションし、つながりながら、バンダイナムコのエンターテインメントを創り上げていくことを意図しているという。モチーフのマゼンタカラーには、多様性を表すとともに、明るく楽しい印象を与え、再現性が高いことから採用したとのこと。

またバンダイナムコを社名に冠する、冠さないにかかわらず、原則的に全ての商品・サービスに新ロゴマークを表記。これにより、商品・サービスやレーベルが持つ価値を新ロゴマークに集積するとともに、グループの一体感と総合力を強く訴求し、グローバル市場におけるブランド価値の向上を目指すという。

バンナムのケチャップとマスタードをぶちまけたようなロゴデザインは割と好きだった。バンダイの赤、ナムコの黄が確かに融合したデザインだったしな。

一方の新ロゴは味気ないものになってしまっているように感じますね。年月を経るうちに慣れていくとは思うけど、今のロゴを捨てるなんてもったいない気がしてならない。長年親しまれたものを変更するのは勇気がいることだけど、この変更が良い方向に作用するかどうかはバンナム次第ですね。

関連リンク:バンダイナムコのプレスリリース