『NAVERまとめ』サービス終了が発表。キュレーションサイトの先駆けが11年の歴史に幕

スポンサーリンク

いろんな情報をまとめる「NAVERまとめ」がサービス終了することを発表しました。

スポンサーリンク

9月30日に終了

LINE株式会社は同社が運営するサービス「NAVERまとめ」を9月30日に終了することを公式ブログで発表しました。

サービス終了する理由については「サービス環境・市場環境の変化による単独サービスとしての今後の成長性や、LINEグループ全体での選択と集中の観点などをふまえて検討した結果、今回の決断に至りました」と述べています。

サービス終了までのスケジュールは以下の通り。

  • 2020年7月31日:新規アカウント登録の停止
  • 2020年9月30日​:サービス終了​・まとめ記事ダウンロード機能の提供
  • 2020年11月上旬:最終インセンティブ確定
  • 2020年11月30日​:まとめ記事ダウンロード機能の提供終了
  • 2021年2月16日​:支払い申請機能の提供終了​​

まとめの作成に関しては9月30日まで作成可能。しかしサービス終了後は下書きや非表示のまとめも含め、9月30日をもってすべて閲覧出来なくなります。​

なおサービス終了後、まとめ内の画像を除いた形で、MT形式によるまとめのダウンロード機能を提供する予定。​11月上旬にユーザーの最終インセンティブを確定し、2021年2月16日に支払い申請機能の提供を終了します。

NAVERまとめは2009年7月1日にサービスが開始されたWEBキュレーションサービスで、ユーザーが自ら情報をまとめて公開することができます。ネット上の情報を収集し、画像や動画、リンクなどを掲載して一つのページを作成します。

NAVERまとめの特徴的な点としては、PV数に応じてまとめの作成者に収入が支払われるというシステムがあります。人によってはNAVERまとめでひと月に数十万稼ぐ人もいたとかなんとか。

一方で芸能ゴシップや炎上ネタなどトレンドを狙ったまとめや、検索の邪魔になるような低品質なまとめも多くあり、嫌っている人も多かったサービスでもありました。

僕自身は作ったことないけど、これで生活していた人はどうなるんだろうか🤔。まだいるのかは知らんけど。なおNAVERまとめが培ってきたノウハウは、検索事業「LINEサーチ」に行かされるそうです。

関連リンク:NAVERまとめ公式ブログ