ソニー「PSP-3000」シリーズ「PS3 CECH-4200」アフターサービスの受付終了が発表

スポンサーリンク

PSPピアノブラックの本体

ついにPSPのアフターサービス終了が発表されました。同時にPS3の一部機種もアフターサービスが終了します。

スポンサーリンク

PSPとPS3一部機種のアフターサポート終了へ

SIEは携帯ゲーム機「プレイステーション ポータブル(PSP)」のPSP-3000シリーズ本体及び周辺機器と「プレイステーション3 CECH-4200シリーズ」のアフターサービスについて、部品在庫の枯渇から2019年9月30日をもってアフターサービスを終了することを発表しました。

PSPは2004年12月12日に発売されたSCEの携帯ゲーム機。PSP-3000シリーズは2008年に発売されたPSPモデルで、持ちやすくなった本体は液晶画面の解像度の改良や、マイクが搭載されたことで、ヘッドセットなどを用意しなくてもSkypeなどを使用できました。

PS3 CECH-4200シリーズは2013年9月から出荷されたモデルで省電力化されていました。

いずれかの製品のアフターサービスを希望する場合は、2019年9月30日までにオンライン修理サービスか、プレイステーション カスタマーサポートにてアフターサービスを申込んだうえで、2019年10月7日(月)までに製品がプレイステーションクリニックに到着するように送付する必要があります。また送ったとしても修理部品自体が枯渇している場合は修理できない可能性もあるとのこと。

ということで、これでPSPはすべての機種がサポートも終了することとなりましたね。さすがに10年以上も前の製品の部品ともなると無くなってしまうのは仕方ないところ。修理したい人は早めに送ったほうがよさそうです。

関連リンク:PSPⓇ(PlayStationⓇPortable)本体および周辺機器のアフターサービス受付終了のお知らせPlayStation®3 一部機種のアフターサービス受付終了のお知らせ(2019年7月31日更新)