【感想】Switch『テトリス99』テトリスのバトロワゲーが面白すぎる!

スポンサーリンク

テトリス99

2月14日に行われたニンテンドーダイレクト後に配信開始となったSwitch「テトリス99」

任天堂久々のテトリスですが、これが結構面白いテトリスとなっておりました。

スポンサーリンク

Switchで配信開始となった「テトリス99」とは

今回話題にする「テトリス99」とはどういうゲームなのか、まあテトリスと名前が付いているからには、「どうせテトリスだろ~」と、ゲームに詳しくない人に対しても特に説明が要らない気がしないでもありませんが、これまでのテトリスとは違うんですね~。

「テトリス99」、昨今の流行を反映したのかはわかりませんが、99人のプレイヤーがネットを介して同時対戦を行い、ゲームオーバーにならないように最後の一人になるまで生き残れば勝ち。

というバトルロイヤルゲームなのだ。

テトリス99

PUGBとかフォートナイトとか、最近だとエーペックスとかいう新作も話題ですが、ここにきいきなりのテトリスのバトロワゲーが登場することになるとは、たまげたなぁ。

テトリス99

ゲームメニューもシンプルで、「テトリス99」以外は、プレイデータを見れる「ステータス」と「オプション」だけ。特に説明もなく、いきなりこの画面が表示されますw。チュートリアルなんかありません触って覚えましょう。

でもバトロワゲーになっていはるものの、基本はテトリスなので誰でもすぐに始めることができます。

基本的にはテトリスだけど攻撃を考えると奥深い

テトリスのバトロワ「テトリス99」ですが、ルールはオリジナルのテトリスに準拠しています。近年の新しいギミック「ホールド」も用意されており、テトリミノを一個キープしておくこともできます。

ただしこのゲームは先ほども言ったようにバトルロイヤルゲーム。ほかのプレイヤーは敵です。

そんな敵を蹴落とすにはどうするのか、本作ではラインを消すことで「おじゃまブロック」を相手に送ることができるようになっているのだ!

テトリス99

上のスクショを見ると画面上部に「ランダム」「カウンター」「とどめうち」「バッジねらい」の4つが書かれているのがわかります。この4つの作戦で攻撃する相手を選べるというわけです。具体的な効果はこちら。

  • ランダム:対戦している相手にランダムで攻撃
  • カウンター:自分を狙っている相手に攻撃
  • とどめうち:ゲームオーバー寸前の相手に攻撃
  • バッジねらい:バッジを多く持っている相手を攻撃

「バッジ」は相手をKOした場合にもらえるもので、たくさん持っているほど自分の攻撃力をアップすることができるのだ。つまりたくさん集めるほど攻撃で有利になります。

しかしバッジを多く持ってると「バッジねらい」の対象として選ばれてしまい、多くのプレイヤーから攻撃を受ける可能性があるので注意が必要です。

「カウンター」は、自分に対して攻撃をしてきた相手すべてにカウンターします。でも攻撃してくるってことは、相手側はテトリミノが少ないわけで、どこまで意味があるのかはよくわかりません。

戦いが進んで少数のプレイヤーになってくると攻撃の応酬となるわけですが、「バッジ」をたくさん持っている相手と殴りあうと不利になります。そのため戦いの戦術としては、最初は「とどめうち」でバッジを稼ぎ、終盤では「バッジねらい」で大奥バッジを持っている相手をつぶしていくのがいいのかな。

テトリス99

まあ、そううまくいかないのが難しいところですが。

気楽にできるバトロワ「テトリス99」

テトリス99

バトロワ要素が入った「テトリス99」。今のところ特に大きな不満点もないというか、負けてもすぐに再戦できるし、負けたからといって特にデメリットがあるわけでもありません強いて挙げるなら説明書が欲しかったかな。攻撃の作戦についてはやって覚えろ的な部分が不親切に感じました。プレイヤーのランクもあるけど、何か意味はあるのだろうか。

でもボイチャやチャットの類もないし、すごく気軽にできるバトロワゲーとなっています。そして何より面白い!!

SwitchOnlineへの加入が必要ですが、加入していれば無料で誰でもできるのでSwitchユーザーならDLしておきましょう。今後イベントも開催予定らしいし、かなり遊べるゲームでしょう。

しかし、たかがテトリスと思っていたら、これ結構ハマリますね。今のところ15位が自己最高なんだけど1位になれる気がしないw。いつかドン勝したいぜ。

■関連リンク
テトリス99公式サイト

◆ブログランキング参加中!

1日一回「おうえん」していただけると嬉しいです