任天堂『あつまれ どうぶつの森』を利用する企業・団体へガイドラインを発表。マーケティングや政治的な主張を含む表現での利用は控えるようにお願い

スポンサーリンク

バイデン氏の「あつまれ どうぶつの森」キャンペーン

任天堂が「あつまれ どうぶつの森」を利用する企業・団体の関係者向けにガイドラインを発表しました。

スポンサーリンク

「あつ森」を利用する企業・団体へ

Switchで発売されて以降、大ヒットを記録している「あつまれ どうぶつの森」。企業や団体がプロモーションなどに活用する事例も多くなっていますが、任天堂は「『あつまれ どうぶつの森』を利用される企業・団体の関係者のみなさまへのお願いとお知らせ」を公式サイト上に公開しました。

最近「あつまれ どうぶつの森」を企業や団体がプロモーションなどに活用する事例も多くなっていますが、任天堂はコミュニティを大切にしていく中で、企業や団体、それらを代表する人物の業務に関連し、あつ森を利用する場合の、お願いとお知らせを掲載することになったとのこと。

企業・団体が「あつまれ どうぶつの森」を利用できる場合

あつ森を企業・団体、それらの代表者が利用する場合、以下の方法での利用が認められています。

  • ご自身が作成したマイデザインやご自身の夢番地を、他のお客様に提供すること。
  • 他のお客様をご自身の島に招待すること。
  • 上記の目的のために、本ソフトのスクリーンショットや映像を、適切なウェブサイトや共有サイトにアップロードすること。

企業・団体による「あつまれ どうぶつの森」利用を控えてほしい場合

あつ森の利用が認められないケースは以下の通り。

  • お子様にふさわしくない表現など、全年齢向けでない表現を行うこと。
  • 他のお客様の迷惑になることや、暴力的、差別的など他のお客様を傷つける恐れのある表現、政治的な主張を含む表現を行うこと。
  • 本ソフトの内容を誤解させる行為や、事実と異なる内容が含まれる行為(事実に反して任天堂から個別の許諾を取得したと表明することなどを含む)。
  • 他のお客様をゲーム外の行動に誘導するなどの本ソフトを利用したマーケティング行為(商品購入サイトへの誘導、クーポンの配布、景品の提供、懸賞の実施、SNSアカウントのフォローなどの要求、他のお客様の情報の取得、その他勧誘行為などを含む)。
  • 本ソフトに関連して金銭的な利益を得ること(有償でのマイデザインの提供や、広告掲載による収益の受領などを含む)。

あつ森の利用で、企業・団体が大事にしているコミュニティに影響を与えたり、傷つけたりする可能性があると判断した場合や、このお知らせの内容に従ったものでない場合は、該当する行為や任天堂の著作物の取り扱いを控えるよう要請されたり、将来的な本ソフトの利用禁止などの適切な措置をとる場合があるとしています。

また、このお知らせで明示的に記されている内容を除き、Nintendo Switch利用規約やニンテンドーアカウント利用規約などが適用されるほか、今後このお知らせを更新する可能性があり、マイデザインなどの提供を行う際には、必ずこのページに書かれた最新情報を確認するよう推奨しています。

あつ森の利用に関しては、各国の美術館がマイデザインを配布したり、水族館がイベントを開催したこともニュースになっていた他、先日行われた米大統領選でジョン・バイデン氏が、自民党総裁選挙では石破茂氏が選挙活動で利用したことも記憶に新しいところ。

企業や団体が利用する際には、これらのガイドラインに沿って利用することが求められます。なお個人に関しては「ネットワークサービスにおける任天堂の著作物の利用に関するガイドライン」を確認しましょう。

関連リンク:『あつまれ どうぶつの森』を利用される企業・団体の関係者のみなさまへのお願いとお知らせ