スポンサーリンク

任天堂『Wii U』発売10周年を迎える!ドラクエ10専用機と化してたが「スプラトゥーン」も「ゼノブレイドクロス」も遊べた良いハードだったね

バルカズ私物の「WiiUプレミアムセット」モンハン

祝!「Wii U」発売10周年!

早いもので任天堂のゲーム機「Wii U」が発売10周年を迎えましたよ。いやぁ、もう発売から10年経っていいるとは月日が経つのは早いのう。個人的にも思い出が色々あるハードじゃったわい。

スポンサーリンク

液晶付きのコントローラー「Wii UGamePad」が特徴的だった

「Wii U」は2012年12月8日に発売された任天堂のゲーム機。名前の通り大ヒット機「Wii」の後継として登場したゲーム機で、WiiのソフトとWiiリモコンやセンサーバー、ヌンチャクとは互換性もあった。ハードとしてはフルHDに対応しているほか縦置き横置きが可能、そして最大の特徴「Wii UGamePad」が用意されていた。

これは従来のゲームコントローラーとは異なり、大きなタッチパネル液晶がコントローラーに付いており、ゲーム映像を遅延なくゲムパ側にも表示できるという代物。またカメラやモーションセンサー、NFCリーダーも搭載していた。

実際この機能は便利で、僕はドラクエ10をゲームパッドでプレイしまくっていたなぁ。スプラトゥーンだとゲムパにマップが表示されていた。思えばSwitchの特徴でもある、テレビ出力だけでなく携帯/テーブルモードと切り替えて遊べる機能も元祖はWiiUだったね。

Wii Uで登場した機能として、もうひとつ忘れちゃならないのが「amiibo」。マリオやルイージ、リンク、スプラトゥーンのインクリングなど任天堂のキャラ中心に色々ラインナップされていたフィギュアだけど、NFC対応で様々なデータをamiiboに記録することができた。

スプラトゥーンのパッケージとamiibo
昔買った「スプラトゥーン」とイカちゃんのamiibo。画像は使いまわし。

スマブラでは自分で育てたキャラのデータを保存できたし、スプラトゥーンでは読み込ませることで限定ギアを手に入れることができた。ブレザー姿のイカちゃんかわいいんじゃ~(*´ω`*)。コレクション性は高いので、Wii UやSwitchで遊んでいる人なら何体かは持っていると思う。

機能的には面白いものが揃っていたWii Uではあったものの、ゲームソフトに関してはキラータイトルが不足していたどころか、任天堂も新作をなかなか発売しない状況が続いたりと芳しくなく、結局販売台数は国内334万台、全世界1,356万台に留まる結果となり先代Wiiのような大ヒットとはならなかった。

Wii Uの思いで深いゲーム「スプラトゥーン」「ゼノブレイドクロス」

スプラトゥーンとドラクエのコラボフェス

販売台数こそ振るわなかったもののソフトの中には面白いものも多かったよね。ロンチタイトルだった「New スーパーマリオブラザーズ U」もよかったし「大乱闘スマッシュブラザーズfor WiiU」も「スマブラ3DS」共にもってるぜ。SwitchでDXが発売された「マリオカート8」、「ベヨネッタ2」、ミッションモードを狂ったように遊んだ「ピクミン3」などなど面白い作品は多かった。そういえば「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」も発売されていた。

個人的に思い出深いのは「スプラトゥーン」、そして「ゼノブレイドクロス」

スプラトゥーンに関しては最新作「スプラトゥーン3」が発売され大ヒットを記録、今ではキラータイトルとして知名度も抜群ではあるけど、WiiUで登場した当時から僕は注目していましたよお!あの頃、まさかここまでのタイトルに成長するとは思ってなかったけどねw。

当時WiiUユーザー向けにオンライン体験会「スプラトゥーン試射会」が開催され、当然僕も参加。何もわからない状態で、わかばシューターをハコフグ倉庫で撃ちまくっていた。直後ローラーに持ち替え再戦すると、相手を簡単に轢きまくることができて「ローラーつよすぎぃ!」などと、はしゃいでたものじゃった。

スプラトゥーンのナワバリバトル、相手を倒した数ではなくインクを塗った面積で勝敗が決まる革新的なゲームシステムは初代の時点で完成されてたんだよなぁ。僕は最初から注目してましたよおぉぉ!

そして「ゼノブレイドクロス」。

広大なオープンワールドを冒険することができるモノリスソフトの大作。当時すでにゼノブレイドは遊んでいたので、その続編がどんなものになるのかは大変期待していた。SF感満載のPVと冒険しがいのありそうな広大なオープンワールド、そして巨大ロボ。僕の好物を盛ってきてますねぇ!

ゼノブレイドクロスのソクショ

惑星ミラに降り立ったその日から、あちこち探索まくっていた。メインストーリーを追いながらも横道に逸れては巨大オーバードに追い回される日々。サブクエも多かったけど、ミラの風景が幻想的で、どこでスクショ撮っても絵になるような感じだったね。

特に印象に残っているのは「夜光の森」。ビジュアルも綺麗なんだが、そこでの体験はゼノブレイドクロスユーザーなら多くの人が体験したはず。

夜光の森で奥地に進む際、入江があるんよね。そこから下をみると横たわった巨大な像が見える小島を発見。

ゼノブレイドクロスには前作同様にランドマークや秘境ポイントがあるんだけど、もしかしたらアレは秘境ポイントなのでは!?そんな感じで冒険心をくすぐられた僕は一本橋からダイブ。島に近づいていった。

だが近づいた瞬間、突如流れてくるオーバード戦のBGM!そう!この巨像はオーバードの一体「守護神ゴ=ラア」!

完全に油断していた僕は、レベル差もあり速攻で逃げようとしたのだが時すでに遅し。あっという間に守護神ゴ=ラア様に刈られてしまうのだった。あれはヒドイw。何せ敵に見えなかったもんなぁ。それまでの道中でゴ=ラア様のような姿の敵は見てこなかったので完全に油断していた。後半になるとゴ=ラア様みたいなザコ敵も登場するんだけど夜光の森は序盤くらいに行く場所だからね、とんでもない罠だったわ。あとオーバードだと黒鋼の大陸にいた巨大な花もランドマークと思い近づいたらやられた。

この話、何回かブログでした気がするけど、それだけ記憶に残ってるんだわ。

ゼノブレイドクロスのソクショ

ゼノブレイドクロスでは「ドール」と呼ばれる巨大ロボに搭乗して探索&戦うことができるのもよかった。ドールのおかげでパーティの火力は大幅アップするし、探索も楽になるし行けるところも増える、何より巨大ロボはロマン。自分の愛機を乗り回すのは楽しかったね~。まあオーバードに何回もスクラップにされたけど。これシームレスに行えるのがすごかったよね。現在でも人間姿から巨大ロボに乗って戦うのがスムーズにできるRPGないだろう。

ただ、ストーリーに関しては謎だらけで終わった。まああの終わり方でもいいかもしれんけど、EDに映った謎の人物とか、ルーもよくわからん人物だったし、。

Switch発売以降、WiiUで発売されたソフトがDXとなって発売されることが多いけど、ゼノブレイドクロスも、いつかDXかダブルクロスか続編の2かなんかで発売してほしい。

ほぼドラクエ10専用機と化したがWii U良いヤツだったよ

発売から10周年を迎えたWiiU、すでに生産も終了し来年3月にはeショップも終了することも予定されている。

我が家にあるWiiUは基本的にドラクエ10専用機だった。僕はプレミアム版を購入していたためドラクエ10の体験版を遊ぶことができたのだが、それで大ハマリしてしまい、

そして俺が生まれたってワケ。

ウインクするプクリぽ

WiiUがなければバルカズが生まれることもなかったと考えたら僕の人生に与えた影響は甚大だ。WiiUのゲムパにはチャットで使いまくったこともあり傷も目立つ。ゲーム機って色々な思い出があるね。

WiiUゲームパッド
画像使いまわしと荒いのは許してほしいが、ずいぶん使い込んだなぁ。

ドラクエ10も10周年を迎え、WiiUも10周年。ついこの間発売された気がするのに10年経過したという事実、時が経つの早すぎるんじゃ~!WiiU10周年おめでとうございます。(゚θ゚)

Wii U プレミアムセット shiro (WUP-S-WAFC)

Wii U プレミアムセット shiro (WUP-S-WAFC)

62,500円(02/03 00:29時点)
Amazonの情報を掲載しています

ランキングの「おうえん」よろしくね!