任天堂の宮本茂氏が文化功労者に選ばれる!

スポンサーリンク

USJでインタビューを受ける宮本茂氏

日本を代表するゲームクリエイター、任天堂の宮本茂氏が文化功労者に選ばれました。

スポンサーリンク

文化功労者に選ばれる

日本政府は2019年の2019年度の文化勲章受章者6人と文化功労者21人を発表しました。その中で文化功労者の一人として、任天堂の取締役フェローである宮本茂氏が選ばれたことがわかりました。

文化功労者は日本の文化の向上に大きく寄与した人物に贈られる称号で、文化勲章に次いで栄誉ある称号です。宮本茂氏は「スーパーマリオ」の生みの親として知られ、日本のゲームを世界に誇る文化に発展させた功績が評価されました。

受賞に関して宮本茂氏は「ひとりでは何もできない仕事。晴れがましいのはいつも苦手です」と照れながらも「一緒に始めたメンバーと離れず仕事をしているのが誇り。今やっていることを全力で続けていく」と述べたそうです。

宮本茂氏の功績に関してはゲーム好きなら誰もが認めるところ。むしろ功労者よりも文化勲章を受章してもよさそうな気もします。ゲームクリエイターが大きな賞を受賞したのは喜ばしいこと、おめでとうございます!

文化勲章の親授式は11月3日に皇居で、文化功労者の顕彰式は11月5日に東京都内のホテルで行われます。

関連リンク:日経新聞朝日新聞