任天堂『ポケットモンスター ソード・シールド』の情報リークに関与したウェブサイトをブラックリストに登録

スポンサーリンク

ポケモン剣盾のキョダイダイマックスしたリザードン

「ポケットモンスター ソード・シールド」の情報を発売前にリークしたウェブサイトを任天堂がブラックリストに登録しました。

スポンサーリンク

情報のリークに関与したサイトがブラックリスト入り

ポケモン剣盾のダイマックス

2019年11月15日に発売されたNintendo Switch「ポケットモンスター ソード・シールド」。人気作ゆえに発売前には様々なリーク情報がネットを駆け回りました。

発売前にポケモン剣盾の情報をリークに関与していたサイトについて、任天堂がサイトを特定しブラックリストに登録したことがわかりました。発売が近づくにつれリークは加速し、キョダイマックスや登場するポケモンのリストなどが流出することになりました。

ブラックリストに登録されたサイトはポルトガルの任天堂系情報サイト「FNintendo」。このサイトはレビューのため発売前にポケモン剣盾を任天堂から受け取っていましたが、フリーランスの人物の手に渡った後、ポケモン剣盾の情報がネット上にリークされてしまいました。任天堂はポケモンカンパニーと一緒に、これらのリーク者を迅速に特定し即座に対応したとのこと。

任天堂は声明で今回ブラックリストに登録した人物とサイトとは、今後一緒にいかなる仕事も行わないことを決定しました。

彼とFNintendoの両方が機密資料の取り扱いを誤ったことで、任天堂とメディア間で取り決めていた機密保持契約に明確に違反しました。その結果、任天堂はFNintendoとは今後いかなる仕事も行うことはありません。

任天堂は常に知的財産とブランドを保護します。リークは、任天堂だけでなく、ゲームを市場に投入するために一生懸命働く何千人もの従業員と、ニュースや驚きを楽しみにしている世界中の何百万人ものファンを傷つけています。

新しい体験を通してプレイヤーを驚かせ、喜ばせることは、任天堂とポケモンカンパニーの共通の情熱です。私たちは、将来のポケモンタイトルがプレイヤーに驚きを与えるためにあらゆる手段を追求します。

FNintendoは任天堂の決定について、機密資料を適切に扱わなかったことに関して謝罪。リークを行った人物との関係を断ったを明かしています。

そして「機密保持契約をキャンセルするという任天堂の決定について完全に尊重し、今後任天堂の製品を受け取らないこと、イベントへ招待されないことを受け入れます」コメント。そのうえで 「任天堂とポケモンカンパニー、そして失望させてしまった読者に謝罪します」 と述べています。

関連リンク:PolygonVG247FNintendo