スポンサーリンク

任天堂、Switchの次のゲーム機コンセプトは、これまでと同じ「ハード・ソフト一体型」

ニンテンドースイッチ

任天堂がNintendo Switchの次のゲーム機に関して少し触れています。これまでと同じコンセプトのゲーム機になる模様。

スポンサーリンク

次もハード・ソフト一体型のゲーム機

任天堂は「2022年3月期 経営方針説明会 プレゼンテーション資料」を公開、その中で任天堂の次の最新ハードに関して触れられています。

任天堂の今後の展望にある次のゲーム機のコンセプト

任天堂は「『任天堂独自の遊び』は、ハードウェアとソフトウェアが一体になって開発するからこそ可能になる遊びの提案によって実現してきた」「遊べば圧倒的に面白く、かつ一目で面白さが伝わる独創的な商品・サービス」を目指してきたとのこと。

そして将来発売されるゲーム機も、WiiやDS、Switchと同じく「ハード・ソフト一体型」のゲーム機がコンセプトになっていることが語られています。

またニンテンドーアカウントに関しては、全世界で2億5000万アカウントを突破したことが判明。ハードとソフト一体型のビジネスと、アカウントを基盤に提供されるサービスやコンテンツが好循環を生み出すことで、より多くのユーザーとの接点を生み、長期的かつお互いにとって好ましい関係構築を進めていきたいとしています。

すでにSwitchは発売から4年が経過しているけど、勢いは衰えていない印象。資料でもSwitchファミリー全体で9000万台を突破し、有機ELモデルの投入で6年目の成長を目指せるとしていることからも、次のゲーム機が登場するのは、ずいぶん先の話になりそう。

関連リンク:任天堂の株主・投資家向け情報