「マリカー訴訟」任天堂が勝訴!MARIモビリティ開発に対し5000万円の支払いを命じる

スポンサーリンク

マリカー「任天堂とは無関係カート」

マリカー訴訟。任天堂が勝訴しました。任天堂は無関係とはいかなかった。

スポンサーリンク

5000万円の支払いを命じる

任天堂とMARIモビリティ開発(旧社名:マリカー)が争っていたいわゆる「マリカー訴訟」。任天堂が不法競争行為の差し止めなどを求めていた訴訟で、知財高裁は1月29日、損害賠償5000万円の支払いを命じる判決を言い渡しました。

マリカー訴訟は、MARIモビリティ開発が公道カートをレンタルする際、任天堂の許可なくマリオのキャラクターのコスユームを貸し出したり、コスチュームが写った画像や映像を許諾なしに宣伝・営業に利用するなどしていることが「不正競争行為にあたる」として任天堂が同社とその代表を提訴していたもの。

1審の東京地裁では任天堂の訴えを認め、MARIモビリティ開発に対し「マリカー」の名称を使用しないことや、カートをレンタルした際のマリオキャラのコスチューム貸し出しを行わないこと、1000万円の損害賠償を命じる判決が下されていました。

しかしMARIモビリティ開発は判決を不服として控訴、任天堂も1審で認められなかった部分を不服として控訴したうえで損賠賠償金を5000万円に増額していました。

今回の判決を受け、MARIモビリティ開発は「当社の主張が認められなかった部分については誠に遺憾であり、内容を精査して引き続き対応して参ります」と公式サイトでコメントしています。

公道マリオカートは訪日外国人から人気を集めていましたが、一方で事故が多数発生していることもネットでは問題視されていました。「任天堂は無関係」というステッカーのカートが走っていましたが、結局任天堂とは関係あると認められたわけですね。当然すぎる判決。

関連リンク:弁護士ドットコム