SIE今年のE3にも出展せず。一般向けのイベントに注力

スポンサーリンク

PS4のコントローラーの写真

ソニーは今年のE3にも出展しないことがわかりました。

スポンサーリンク

2年連続で出展せず

ソニーは今年6月に開かれる世界最大のゲーム商談会E3に出展しないことを発表しました。

ソニーによると今年出展しない理由について「E3への出展について検討した結果、SIEはE3 2020に参加しないことを決定しました。ESAを組織として尊敬していますが、E3 2020のビジョンは注力するのにふさわしい場ではないと感じています」と海外メディアGameIndustryの取材に答えました。

そのうえで2020年は複数の一般消費者向けイベントに出展していくと述べています。ただし現時点ではどういうイベントに出展するのかの具体的な計画は明かしていません。

ソニーは2019年もE3に出展していません。代わりにSIEはストリーミング配信のState of Playをスタートさせユーザーに直接情報を公開しています。また近年では大手ゲームメーカーがE3への出展を行わないことも増えており、EAやベセスダソフトワークスなどは自前でイベントを開催し情報発信を行っています。任天堂もE3期間中にはニンテンドーダイレクトを放送し情報を直接発信行っています。

今年のホリデーシーズンに次世代機プレイステーション5が発売されることが発表されているだけに、E3でどんな新情報が飛び出すのか期待した人も多いかと思いますが、今年のE3では動きはありません。イベントを通じて情報発信していくそうなので、今後の動きに注目しておきましょう。

関連リンク:siliconeraGameIndustry