『E3 2020』開催中止が正式決定。オンラインイベントが調整中

スポンサーリンク

E3のロゴ

「E3 2020」の開催について、正式に開催中止されることが発表されました。

スポンサーリンク

新型コロナウイルスを考慮して中止

噂されていたE3 2020の開催中止ですが、本日ESA(エンターテインメントソフトウェア協会)は、6月9日~11日かけて開催される予定だったE3 2020の開催中止を発表しました。

ESAは声明を発表し、中止の理由について世界規模で流行しているCOVID-19こと新型コロナウイルスに対する懸念から中止を決定したとしています。

「業界のすべての人々(ファン、従業員、出展者、長年のE3パートナー)の健康と安全に関してメンバー企業と慎重に協議した後、6月9〜11日にロサンゼルスで予定されているE3 2020をキャンセルするという難しい決定を下しました。」

「COVID-19ウイルスに関する懸念の高まりと結果を受けて、このような前例のないグローバルな状況では、これが最善の方法だと感じました。ファンとサポーターのために、このイベントを開催できないことに非常に失望しています。しかし今日の情報に基づいた正しい判断であると考えています。」

E3の中止に伴い、ESAは出展者や参加者に全額を返金するとのこと。また2020年6月に業界の発表やニュースを紹介するためのオンラインイベントを調整中であると述べています。

マイクロソフトのPhil Spencer氏は、E3 2020が中止される代わりにデジタルイベントを開催する予定であることを明らかにしており、詳細については数週間以内に発表するとしています。

今年の年末にはPS5とXboxの次世代機が登場するということで、E3にも注目が集まっていましたが、新型コロナウイルスの影響を受け中止になってしまいました。代わりのオンラインイベントが行われるようなので、そちらに注目しておきましょう。

でもオンラインイベントのみというのは、E3に行かない人間からすれば、例年通りといえなくもない気がしないでもない。

関連リンク:Polygon