スポンサーリンク

作曲家すぎやまこういち氏逝去。ドラゴンクエストXIIが遺作に

「ドラゴンクエストXII」のサブタイトル

ドラゴンクエストシリーズの楽曲を手掛けていることで知られる、作曲家すぎやまこういち氏が亡くなったことがわかりました。

スポンサーリンク

ドラクエの楽曲などで知られた作曲家

作曲家の、すぎやまこういち氏が、9月30日にで亡くなったことが発表されました。すぎやまこういち氏は「ドラゴンクエスト」や「風来のシレン」などのゲーム音楽を手掛けているほか、アニメでは「伝説巨神イデオン」、競馬のファンファーレや「亜麻色の髪の乙女」花の首飾り」「恋のフーガ」などの邦楽、CMソングなども作曲しています。

すぎやまこういち氏は、84歳292日で「最高齢でゲーム音楽を作曲した作曲家」とし2016年にギネス世界記録に認定。また今年開かれた東京オリンピックでは、ドラクエの「序曲:ロトのテーマ」が使用されたことも記憶に新しいところ。

ドラゴンクエストパラダイスには、ドラクエシリーズの生みの親である堀井雄二氏と、キャラクターデザインを手掛けている漫画家の鳥山明氏のコメントが掲載されています。

堀井雄二氏と鳥山明氏のコメント

■堀井雄二様
すぎやま先生の、あまりに突然な訃報を聞き本当に残念でなりません。
ドラゴンクエストを作って35年、その世界に、すぎやま先生は音楽という命をずっと吹き込んできてくださいました。
先生には本当に 素晴らしい楽曲を いっぱい書いていただいきました。
これからもドラクエは、先生の音楽とともにあります。
ユーザーの皆さんの心の中に 先生は 生き続けるはずです
すぎやま先生 長い間 本当に ありがとうございました 。

堀井雄二

■鳥山明様
すぎやま先生の訃報を聞き、驚いています。
つい数年前にお会いした時の印象からも
いい意味で、永遠の命を持つ魔法使いのように思っていました。

ドラゴンクエストのイメージは、
当時からゲームが大好きでいらした、すぎやま先生の
素晴らしく印象的な数々の名曲によって決定付けられた。
と言っても過言ではありません。

長くご一緒に仕事をさせていただいて本当に光栄でした!
心よりご冥福をお祈りいたします。

鳥山明

訃報 すぎやまこういち氏ご逝去

すでに葬儀は親族・近親者のみで執り行われたとのことで、後日お別れの会が開かれる予定となっています。

「ドラゴンクエストXII(ドラクエ12)」が遺作に

これまでドラクエシリーズの楽曲500曲余りを作曲してきたすぎやまこういち氏。現在開発中のシリーズ最新作「ドラゴンクエストXII 選ばれし運命の炎」が氏の遺作となります。

僕がずっと遊び続けているドラクエ10の曲も当然、すぎやまこういち氏が作曲していた。ドラクエ11の戦闘曲は、ずっと聞いていると味が出てくるスルメのような曲だった。いつかこういう日が来るとは思っていたけど突然すぎる。すぎやまこういち氏最後の仕事、ドラクエ12の発売を待っています。