香川県の条例素案に子供のゲーム利用時間の制限が盛り込まれる。平日は60分まで

スポンサーリンク

フォートナイトをプレイするゲーマー

香川県で未成年のゲーム利用を規制する動きがあるようです。ゲーム依存症対策条例素案に利用時間制限が盛り込まれる模様。

スポンサーリンク

ゲーム依存症対策の条例

ゲームとインターネットの利用に関する興味深い動きが香川県で起こっています。NHKによると、ゲームやインターネットの依存症の対策に関する条例の素案に、高校生以下の子供を対象に、ゲームを利用する時間を制限が盛り込まれることがわかりました。

条例素案では1日あたり平日は60分、休日は90分までに制限。また夜間の利用は高校生は夜10時以降、小学生や幼児を含む中学生以下の子どもは夜9時以降、制限することが盛り込まれます。

この条例に罰則規定はないものの、条例を子供達に守らせることを保護者や学校の「責務」として明記するとのこと。

香川県議会は、10日開く委員会で素案を協議したあと、県民からパブリックコメントを募ったうえで、来月開く定例の本会議に条例案を提出する方針。県によると初めてのゲーム依存症に特化した条例になる条例は、全国で初めてとなるとしています。

ゲームの利用時間規制というと、中国でネットゲームを規制するというのがありましたが、それを思い出してしまうところ。

ゲーム依存症対策の一つとして条例が作られるようですが、一つツッコませてもらうと、子供であっても時間をどう使うのかはその子の自由であって行政がああだこうだいうことではないでしょう。子供のことは本人と親の責任であり行政が口を出すことではないのでは。

依存症対策というけど、時間をいきなり制限するのが対策になるのか疑問。あっ2つになっちゃったw。他にも色々と突っ込みどころはありそうだ。

外で遊べるところが減っているのに、さらに遊ぶ場所を奪おうとするとは、これを提案した人たちはは「ゲーム脳の恐怖」の時代から何も進歩がないのか。

実際に条例が作られるのかはまだわかりませんが、でも香川県でこれが通ったら他のところでも似たような条例を作りそうな気がします。

関連リンク:NHK香川NEWS WEB

シドマイヤーズ シヴィライゼーション VI -Switch

シドマイヤーズ シヴィライゼーション VI -Switch

5,560円(09/22 15:50時点)
Amazonの情報を掲載しています