スポンサーリンク

ロックスターゲームス「GTAトリロジー:決定版」について謝罪。今後の更新で品質向上を約束

GTAトリロジーのシーザーの指

先日発売された「GTAトリロジー:決定版」について、ロックスターゲームスが謝罪しました。今後の更新で解決されるらしい。

スポンサーリンク

GTAトリロジーのクオリティについて謝罪

マルチプラットフォームで発売された「グランド・セフト・オート:トリロジー:決定版(GTAトリロジー:決定版)」。シリーズ3作品を現行機向けにリマスターした作品でしたが、そのクオリティについては海外を中心に不満の声が上がり炎上状態に。

GTAトリロジーのGTAVCでトミーの頭が青くなったところ

PC版が突然遊べなくなったり、Switch版の出来がイマイチだったり、オリジナルにはなかったようなバグが発生したり、シーザーの指がバケモンじみたものなっていたりと、ユーザーの期待を裏切るリマスターになってしまっていた。そのような中、ロックスターゲームスがGTAトリロジーに関して謝罪しています。

同社はGTAトリロジーについて「まず、これらのゲームのプレイで問題が発生したすべての人に心からお詫び申し上げます」と謝罪。

そのうえで「これらのクラシックゲームのアップデートバージョンは、当社独自の品質基準、またはファンが期待する基準を満たす状態で発売されませんでした。私たちは技術的な問題に対処し、今後各ゲームを改善するための継続的な計画を持っています。計画されたアップデートごとに、ゲームは本来あるべき品質のレベルに到達します。」と述べ、アップデートによる品質向上を約束するとともに最初のアップデートを数日以内に公開予定であることを明らかにしています。

また同社はGTAトリロジー発売前にストアから削除されていたGTA3、バイスシティ、サンアンドレアスのオリジナル版PCバージョンをバンドルとしてロックスターストアに追加することも発表。2022年6月30日までにロックスターストアからGTAトリロジーを購入したユーザーには、同バンドルを追加料金無しで配布するとしています。(Rockstar Games Launcherで受け取れる)されるとしています。コンソール版ユーザーに対しての措置については言及されていません。

声明ではSNS上で本作の開発スタッフに対する嫌がらせについても言及しており、コミュニティに対し「これらの問題に取り組む際に、このリリースに関して敬意を持って市民的な言説を維持する」よう求めました。

グラフィックの品質やシーザーの指が伸びちゃってることなどは、発売前にしっかりチェックしていればわかりそうなもの。それを直すことなくリリースするってどういうことなんだと、オリジナルもプレイしSwitch版を買った身としては残念極まりない出来だった。今後のアプデで直すことを明言したのはいいけど、どこまでクオリティが高まるか見守りたいところ。

関連リンク:ロックスターゲームスPolygon