アメリカ心理学会「暴力的なビデオゲームと暴力的な行動の因果関係は科学的証拠が不十分」

スポンサーリンク

GTA5のトレバーとパフォーマー

暴力的なゲームについて、アメリカ心理学会が暴力的な行動との因果関係に関して科学的な根拠が不十分であると報告しています。

スポンサーリンク

アメリカ心理学会「根拠が不十分」と報告

なにかとやり玉にあがることが多いゲームの暴力描写。暴力的なビデオゲームが暴力的な行動に寄与するかどうかについての議論は何十年もの間行われてきました。

アメリカ心理学会(APA:American Psychological Association)は暴力的なゲームと暴力的な行動に関し因果関係があるかどうかについて「科学的な根拠が不十分である」と発表しました。この発表は2015年に発表された決議を再確認するものであり、関する最新の文献の評論に基づいています。

APA会長のSandra L. Shullman博士は「暴力は複雑な社会問題であり、研究者、政策立案者、一般大衆の注意を必要とする多くの要因に起因する可能性が高い。」とコメントしています。そのうえで「ビデオゲームの暴力への影響は科学的に信頼できるものはなく、暴力の歴史など他の要因から注意をそらすことになる。」としています。

ゲームの暴力描写が実際の暴力的な行動に影響があるというのはアメリカでも多く主張されており、銃乱射事件が起こるたびにゲームが槍玉にあがっています。2019年に起こった事件ではトランプ大統領がゲームの暴力描写を問題視し否定的なコメントをしています。

暴力的なゲームについては、日本でも青少年の健全な育成に影響があると主張する人は多いですが、科学的な根拠に関しては不十分である改めて発表されたことで、多少はゲーム規制の議論に影響がありそうです。

関連リンク:PolygonGamesindustry