Switchの「Joy-con Drift(ジョイコン ドリフト)」問題で任天堂アメリカに対し集団訴訟が提起される

スポンサーリンク

ジョイコンでFIFAをプレイしている様子

Switchのジョイコンで発生している「Joy-Con Drift(ジョイコン ドリフト)問題」。弁護士事務所が集団訴訟を提起したことがわかりました。

スポンサーリンク

ついに訴訟へ

先日取り上げた「Joy-Con drifti問題」。Chimicles Schwartz Kriner & Donaldson-Smith法律事務所が集団訴訟の調査のためにオンラインフォームを立ち上げていましたが、新しい動きがあったことをautomatonが報じています。

同事務所は7月19日付で、任天堂アメリカを相手にクラスアクション制度に基づく集団訴訟をワシントン州西部地区連邦地方裁判所に提起しました。

訴訟ではJoy-Conのスティックに欠陥があり、プレイヤーの意思とは関係なく動いてしまう問題が発生していることでゲームプレイを妨げていると主張。原告はカリフォルニア州在住のRyan Diaz氏で、2017年7月にSwitchと追加のJoy-Conを購入したものの、およそ11か月後にJoy-Con driftが発生してしまったとのことです。

Diaz氏のJoy-Conは保証期間内だったために修理をしてもらったそうですが、購入したJoy-Conでも同様の現象が発生。こちらは保証期間が過ぎていたため買い替えを余儀なくされたそうです。

訴訟では任天堂はこれらの欠陥をテストを通じて認識できたはずであり、問題を知らせることなく宣伝・販売を継続していたと主張。もしも欠陥を知っていたらSwitchを購入していなかったとしています。

クラスアクションでは同様の被害を受けた人が多数いる場合、一部の被害者が全体を代表して訴訟を行います。今回Diaz氏は任天堂アメリカに対して不公正な商慣習を一時的また恒久的に禁じること、Joy-Conリコールと無料交換プログラムの実施、懲罰的なものを含む損害賠償や訴訟費用の支払いなどを求めています。

訴えが認められるかは難しい?

Switchのジョイコン

しかし実際に訴えが認められるかどうかは難しいと、弁護士のBrandon J Huffman氏とRichard Hoeg氏は海外メディアGameDaily.bizに対して述べています。それによると構造上の欠陥によるものかどうかを証明するのが困難であることや、原告であるDiaz氏がJoy-Conを1年近くにわたり使用して保証対応を受けていることを挙げています。そのため被害者といえるのかどうか疑問が残るとしています。

現時点では任天堂アメリカは特にコメントをしていませんが、僕個人としてもジョイコンの不具合には困っているところだし、任天堂が何か動きを見せることになるのか注視しております。

関連リンク:automatoncheckpoint

Joy-Con(L) ネオンパープル/(R) ネオンオレンジ

Joy-Con(L) ネオンパープル/(R) ネオンオレンジ

7,750円(09/28 05:45時点)
Amazonの情報を掲載しています