スポンサーリンク

【まどマギ】ちっちゃくて可愛いのに投げ売りされてた「Figuarts mini 暁美ほむら」を買ってみた!

「Figuarts mini 暁美ほむら」購入時の写真

家電量販店エディオンをぶらぶらしていたところ、おもちゃコーナーの片隅にて「Figuarts mini 暁美ほむら」なるフィギュアを発見。「ほう、そういうのもあるのか」と手に取ってみたところ、税込980円と、まさかの1000円切り!

こんなかわいいのに投げ売りされているなんて、これは保護しないと!

そんなわけで、家電量販店でフィギュアを買ってみたのであった。

スポンサーリンク

「Figuarts mini 暁美ほむら」とは

今回入手したバンダイの「Figuarts mini(フィギュアーツ ミニ) 暁美ほむら」。ほむらちゃんがどんなキャラなのかは、すげぇ今更なので割愛しますが、およそ10年前に大ヒットした「魔法少女まどか☆マギカ」の登場人物ですね。最近ではパチやスロになってて、下手すると今のほうが一般への露出が多いかも?

人気キャラだけあって色々立体化されていますが、いまだに新しい立体物がリリースされるあたり根強い人気がうかがえますなぁ。今年は放送から10周年、グッズやら新展開やら、バルカズの財布から数万円持って行ったりと話題に事欠かないのがすごいところ。

そんなほむらちゃんが、ちっちゃいフィギュア「Figuarts mini」になって登場しておったわけです。

さてさて、前置きはこのくらいにして、さっそく開封してみよう。製品にはほむらちゃん本体に加え、台座と交換用の手が付属しています。台座を取り付けて置いてみたぞ。

「Figuarts mini 暁美ほむら」の姿をチェック

台座を付けた「Figuarts mini 暁美ほむら」
ちょっと埃がついていますが気にしてはいけません。
台座を付けた「Figuarts mini 暁美ほむら」後ろ姿
製品情報

■商品仕様
全高:約90mm
材質:PVC、ABS製

■セット内容
・本体
・交換用腕パーツ左右
・専用台座

Figuarts miniの説明によると「キャラクターの魅力を手のひらサイズに凝縮、生き生きとした瞳、シンプルな可動が魅力のデフォルメアレンジフィギュアシリーズ」らしい。なるほど、手に取ってみると確かに小さくてかわいいな。交換用として拳銃を持った右手と盾が付いた左腕が付属しています。

拳銃と盾を装備した「Figuarts mini 暁美ほむら」

交換用の腕の造形も、それなりにいい感じ。全高90mmなことを考えれば十分でしょう。なお腕の交換はちょっと固めなので少し力が要りますね。でも力を入れすぎてポキっと逝くのは怖いところ。

製品に説明書は付きませんが、箱の内側に「交換しにくい場合は、頭部を外してから取り付けてください」との説明が記載されておりました。

まどマギ、頭部、マミさん!?

3話のショッキングな展開も、10年前の話なんだよなぁ。

でも頭部を外さなくても、服の襟部分が少し外れるので、そこから腕をグリグリしながら外したり取り付けたりできます。

腕を交換する「Figuarts mini 暁美ほむら」
ほむらちゃんの胸(*´Д`)

ただ可動に関しては「シンプルな可動が魅力」というFiguarts miniだけあり限定的。頭はそれなりに動かせるけど、腕や足は、大して動かすことができない。腕は垂直に上げられないし、足もスカートが邪魔して全然上がらないのよね。

銃を構えた「Figuarts mini 暁美ほむら」

なので可動を楽しむというよりは、小さいほむらちゃんを机の片隅に、お迎えするという感じで愛でるものといった感じですね。

手ごろなサイズの「ほむらちゃん」をお迎え

銃を構えた「Figuarts mini 暁美ほむら」

「Figuarts mini 暁美ほむら」。可動は限定的だし、定価2980円は高い気がするけど、今回エディオンで980円だったのでヨシとしておこうw。手ごろなサイズ感に、ほむらちゃんの「かわいらしさを凝縮」しているのは確かかな~。併せて、まどかもそろえてみたいところだね。

でも、このほむらちゃん、どこか既視感があるなと思ったら、パチスロ「劇場版まどか☆マギカ 叛逆の物語」のサブ液晶に表示されるほむらちゃんにサイズ感がソックリ!あれかわいいよな。

アニメファンだけでなく、スロファンにもオススメできそうな「Figuarts mini 暁美ほむら」ちゃん。もしも見かけたら手に取ってみてもいいかもね。なおエディオンでは、これしか買いませんでした。我ながら何しに行ったんだろう。