「ゲームは1日60分」秋田県大館市も「ネット・ゲーム依存症対策条例」制定の動き

スポンサーリンク

PCゲームをプレイする子供

香川県に続き、秋田県大館市も「ネット・ゲーム依存症対策条例」の制定に向けての取り組みが行われていることがわかりました。

スポンサーリンク

香川県の条例と似た内容

秋田魁新報によると、秋田県大館市の教育委員会は、子どもがインターネットやオンラインゲームの依存症になるのを防ぐ条例制定を目指し、ゲーム機などの使用を1日60分以内とする素案を作成。6月定例会に提案予定と報じています。

条例素案では、子供のゲーム機の利用時間を1日60分以内に制限するほか、学校や保護者の責務も明記するとのこと。

市教委によると「インターネットやゲーム機の過剰な利用が、子どもの学力や体力の低下、昼夜逆転による不登校、睡眠障害などの精神面でのトラブルを引き起こすと識者らが指摘している」ことを制定の趣旨に掲げています。

ゲームのプレイ時間を制限する条例に関しては、先日香川県で「ネット・ゲーム依存症対策条例」がネットで話題になりましたが、同様の条例が秋田県でも制定されるかもしれないということで、こちらも今後注目を集めることになりそうです。

香川県で成立したら、他の所でも同じような条例ができるんじゃないかというのは危惧しておりましたが、なんとも動きが早いっすね。行政が家庭に介入するのを推進する人たちが全国にいるのがよくわかります。この手の条例制定の動きは今後も広まりそう。

関連リンク:秋田魁新報