ブラウザ版『ドラゴンクエストX』2020年2月25日正式サービス開始!

スポンサーリンク

ブラウザ版ドラクエ10のイメージ

ベータテストが行われていたブラウザ版「ドラゴンクエストX」。正式サービスの開始日が発表されました。

スポンサーリンク

2020年2月25日にスタート

スクウェア・エニックスはブラウザ版「ドラゴンクエストX」を2020年2月25日(火)午後4時より正式にサービス開始することを発表しました。現在行われているオープンベータテストは、2月25日(火)11:59までとなります。

ブラウザ版ドラクエ10は、HTML5をサポートしているブラウザを搭載したスマホやタブレット、PCなどのデバイスからプレイ可能なクラウドゲームのドラクエ10です。内容はゲーム機やPCでサービス中のものと変わりませんが、追加パッケージの購入やソフトのインストールは必要ありません。

ブラウザ版では他の機種で遊んでいる人と同じ世界でプレイでき、すでに他機種で遊んでいるキャラがいるなら、それを引き続き遊ぶこともできます。ただし大容量のパケット通信が発生するため、固定回線かWi-Fi環境での利用が推奨されています。

気になる利用料金についても発表され、30日間で1,650円(税込)となっています。ブラウザ版からドラクエ10を始めた人には3日間(72時間)、すでに遊んでいる人には3時間の無料期間が設けられています。 無料期間中はチャットやとりひきなどができない「制限モード」でのプレイとなります。

30日で1650円は割高だけど、追加パッケージの購入もインストールもなく、スマホやPCでできるのは魅力的といえばそうなのかもしれない。プレイに必要なものや、端末のスペックなどの関しては冒険者の広場のほうをチェックしてみましょう。

関連リンク:冒険者の広場トピックス

ドラゴンクエストX アートワークス The Art of Astoltia (SE-MOOK)

ドラゴンクエストX アートワークス The Art of Astoltia (SE-MOOK)

3,200円(09/24 23:40時点)
発売日: 2020/02/03
Amazonの情報を掲載しています