「第1回ドルボードレースGP」スタート!峠を5分で攻めるのは意外とシビア!?

スポンサーリンク

第1回ドルボードレース

10月4日から「第一回ドルボードレースグランプリ」がスタートしました!

ドルボードを使って目的の地点に早くゴールすことが目的のレースですが、さっそく走り屋プクリポとして知られる僕も参加してまいりましたも。

ドルボードで駆け抜けるだけかと思いきや、意外とシビアな部分もありますね。

スポンサーリンク

「第1回ドルボードレース」とは

第1回ドルボードレース

「第一回ドルボードレース」は、その名の通りドルボードで目標の地点を目指すというレースイベントです。まんまですね。10月4日~10月14日23時43分まで開催中です。

今回のドルボードレースのコースは、グレン東の城下町入口前から、ザマ峠までを走るというもの。

目的地への到達タイムを競うタイムアタックとなっていますが、他の競う要素は薄いかな。一応チームとフレンドのタイムは表示されます。参加するには城下町の入り口付近の馬車近くにいるNPC「レース屋シャイラ」に話しかけるとエントリーできます。

エントリーすると黄色いラインが表示。最大5分間のレース受付タイムが発生します。これは他のプレイヤーとマッチングしている感じか。まあ2分の時もあったり1分の時もあったりしますんで、エントリー時にどれだけ人がいるかで変わってくるのかな。

第1回ドルボードレース

スタートしてすぐは左折することになるので、待機するなら左端のほうが少し有利かもしれない。といいつつ僕は右にいるけどな。

ドルボードレースの報酬

ドルボードレースの報酬は、ゴール地点に何分以内で着いたかでもらえるものが決まります。どんな報酬が用意されているのかは以下の通り。

7分以内 福引券10枚
6分10秒 ドルセリン20個
5分40秒 オーガGPプリズム
5分10秒 白紙のカード5枚
5分 エルフの飲み薬10個

目標は5分を切ることですな。頑張って5分以内にザマ峠に到着しよう!

ドルボードで駆け抜けろ!

第1回ドルボードレース

ドルボードレースにエントリーして受付タイムが終了すると、ドルボードレーススタート!

グレン東からザマ峠まで駆け抜けるぜー!

ドルボードの速度はみんな同じなので、少しでもタイムを縮めるとなると、ブーストの使いどころとコース取りが重要になってきますね。コースには紫色に光る「ハザード」が存在しており、入ってしまうとドルボードの速度が下がってしまいます。決して触れないようにしましょう。

またフィールドには当然モンスターもウロウロしているので、触れてしまうと大幅なタイムロスとなってしまいます。こういう罠に捕まらないようにグレン東、ゲルト海峡、ランドンフット、ザマ峠までドルボをかっ飛ばすのじゃ。

第1回ドルボードレース

ゲルト海峡には中間地点が存在しており、自分が何番目なのかがわかります。でもゲルト海峡で注意しなければいけないのは、ハザードが洞窟前にあり、走行できる場所を大きく塞いでおります。左側によけましょう。

第1回ドルボードレース

ランドンフットは開けた場所なので、ガンガンブーストを使っていけます。しかし付近にはランドンクイナがいたりするので、触れないように気を付けましょう。他プレイヤーの後ろをついていけば当たらずに済むかな。

第1回ドルボードレース

いよいよラストスパートのザマ峠。中央の灯台が目標地点ですが、モンスターとハザードに気を付けながら、一気に坂を駆け上がっていくぜ~。

無事にゴール!気になるタイムは?

第1回ドルボードレース

5分2秒!!おしいいいい!

あと2秒早ければ報酬コンプリート出来たというのにいいい、、。

最初のトライは、なんとも惜しい結果となりました。

ドルボードレースのタイムはシビア!

一回走ってみた感じとしては、5分という目標タイムは、かなりシビアな設定であることがわかりました。モンスターに当たらない、ハザードに入らないのはもちろんのこと、最短ルートでブーストもうまく使っていかないと5分切れないで、、。

悔しいので再挑戦。ゴールからスタート地点へはすぐに戻れるので即座に再エントリーじゃい。

一回目の反省点としては、普段走ることがないコースだったことでちょっとコースの取り方を間違ってしまったことでした。だってザマ峠まで行くことないじゃん?地味にどんなルートだったか忘れていたせいもあって、コースに引っかかってしまうこともありました。

2回目はそういうことがないように気を付けて、ドルボードレースのコースを走ります。

第1回ドルボードレース

夜のコースはこれはこれで趣がありますね。

そして2回目の挑戦の結果はというと、、

第1回ドルボードレース

4分57秒!!やったぜ報酬コンプリート!

でも結構ギリギリのタイムではあります。普段からドルボードを乗り回している僕でもこれが最短だったので、やっぱりシビアな設定にされていると確信いたしました。

報酬「オーガGPドルボード」を見てみよう

ドルボードレースの報酬である「オーガGPドルボード」を早速取り付けてみました。どんな感じのドルボードかというと、こんな感じです。

第1回ドルボードレース

既存のドルボードの上位モデルって感じですね。カラーももちろん変更可能です。

でもプクリポだと、、

第1回ドルボードレース

寸足らずなのかプリティ~。

これはノーマルのドルボードでも同じですけどね。

でかいヘッドライトが付いておりますが、ちゃんと夜間には点灯します。

第1回ドルボードレース

これで夜間走行も安心だね。

ノーマルよりはかっこいいし手に入れやすいので、是非ともオーガGPプリズムは手に入れておきましょう。

ドルボードレースに出場して報酬をゲットしよう

第1回ドルボードレース

ということで、ドルボードレースに参加してまいりました。2回目の挑戦で無事に報酬コンプリートを果たすことができたので、とりあえずは満足です。サブキャラ分も当然ゲットしておきましたぞ。

でも本当にタイムはシビアな設定だなって感じますね。多くの人が4分57秒くらいに収まっちゃうんじゃないかな。速く走るコツとしては、ブーストはできるだけ直線の場所で使うとか、ハザードやモンスターにつか回らないようするといった感じ。あとは先頭集団にしっかりついていけば5分切れると思います。

報酬アイテムの「オーガGPプリズム」のデザインが、わりとかっこいいし、エルフの飲み薬も高値で売れるので、ドルボードレースに参加して報酬をコンプリートしましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でバルカズをフォローしよう!

◆ブログランキング参加中!

1日一回「おうえん」していただけると嬉しいです