【病】急性胃腸炎で1~2日ほど苦しんでいました

ここ何日間か、ばるらぼ!の更新をお休みしておりましたが、その理由が急性胃腸炎でございました。非常に苦しい思いをしましたが、なんとか今日調子を取り戻すことができました。

なぜ突如として急性胃腸炎になってしまったのか、理由は当然変なものを食べたからです。

急性胃腸炎の恐怖

なぜ僕が急性胃腸炎になってしまったのか、

きっかけは自宅にあった何日か前のコーンスープの残り。あと1杯程度は残っていたし、匂いもあまりおかしいところがなかったので、このまま捨てるのはもったいないと思い、火にかけてそのままいただいてしまったのが運の尽きでした。

 

どうやらこのコーンスープ、見事に腐っていたようです。

腹痛

それを飲んでから2時間か3時間くらいで急激に調子が崩れ始め、トイレに行くと下痢というか水のようなものが大量に出るという異常事態。食欲もなくなってしまったものの、ヨーグルト程度なら食べれるかと思い、食べたところ気持ちが悪くなり嘔吐してしまいました。

腹痛はあまりなかったんですが、とにかく下痢がひどい。ちょっとの油断でぴゅっと出てしまう。おかげでズボンが大変なことになりました、、。布団にも付着してしまったため、結局シーツも洗わないとダメになってしまったりと、もう散々。おならも放屁できない。

さらに体はだるいし筋肉痛のような痛みにも襲われるし、このまま死んじゃうんじゃないかと思えるほど酷い目にあったという。

ただ、幸いなことに辛かったのは2日程度。3日目はまだ本調子とは言えないものの、かなり持ち直しました。これがあと数日続いたら死んでいると思いますw。

食当たりの原因菌

しかし、急性胃腸炎の原因はなんなんでしょうか。僕が飲んでしまったコーンスープですが、当然火にかけて沸騰させるくらい加熱していたはずなんですが、。

腹痛

一般的に食当たりの原因菌とされるものでは、サルモネラ菌、カンピロバクター、O157、ノロウイルス、黄色ブドウ球菌などがあります。O157なら酷ければ死にますね。

しかし、加熱しても食あたりを起こす菌となると、セレウス菌、ウェルシュ菌というのが代表的な菌みたいです。しかもこの菌の症状は、下痢と嘔吐、症状が起きるどちらかの菌が原因だと思われます。

ただ今回病院には行かず、自然治癒力に任せていたので、原因は別にあるかもしれません。

食あたりには気をつけよう

今回の急性胃腸炎は、人生の中でも一番きついものでした。2日間何も食べれませんでしたからね。口に入れたのはお茶くらいです。こういう胃腸炎の時には下痢止めを使わず、むしろどんどん出していたほうが良いのですが、驚くほど大量に出ますね。

加熱しているにも関わらず、食あたりを起こしてしまう場合があるというのを身をもって経験しました。匂いがおかしくなさそうでも、ちょっとでも危なそうだと思ったらその食べ物は口にしないようにしましょう。ほんとに死ぬかと思った。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でバルカズをフォローしよう!

◆ブログランキング参加中!

1日一回「おうえん」していただけると嬉しいです