「急性咽頭炎」になってしまいブログどころじゃなくなっておりました

ウイルス

お久しぶりです、バルカズです。

ここ最近、ばるらぼ!の更新が滞っておりますが、その理由についてお知らせしておきます。

実はですね、先週の終わりごろから「急性咽頭炎」になってしまいました。
そのせいでブログ更新することができなくなっていました。

スポンサーリンク

病気によりブログ更新できず

先週の木曜日あたりから調子が悪くなってはいたんですが、寝てれば治るだろうと甘い考えでいたのですが、金曜日になってみると、鼻とのどがつながっている部分「中咽頭」のあたりが腫れ上がってしまいました。「急性咽頭炎」にかかってしまったのです。

あまりの痛さに、何がどうなったのかと口を開けて喉を見てみると、扁桃腺の近くが真っ赤に晴れているほか、口内炎にみられるような白い斑点のようなものがちらほら出現しているという状態に。

あ、これあかんやつ。

実際この腫れが本当にひどくて、まず食べ物が喉を通らなくなります。喉が狭窄して通らなくなるのではなく、食べ物がのどを通る時の痛みが強烈すぎる!とても物が食べられる状態ではなくなってしまうのだ。

なにせつばを飲み込むだけでもクッソ痛いからね、腹が減っても痛すぎて食べられない。
その痛みがどういったものかというと、喉の奥にできた巨大口内炎がこすれて、耳の後ろにまで痛みが走る感じといったわかりやすいでしょうか。

 

しかも、この咽頭炎、風邪のウイルスで引き起こされるらしいんだけど、

風邪のウイルスって薬がないんですよね、、。

つまり、咽頭炎の治療方法は、ただひたすら耐えるのみである。

物を飲みこむことすら許されないという状態で、2日間くらいは水とゼリー飲料とおかゆでしのいでいました。食べられないとはいえ、何も食べないとよくならないので、ゼリーとおかゆのような柔らかいもので栄養だけは取っておりました。

でも咽頭炎は、なかなかよくなってくれない。調べてみると早くても一週間、場合によっては数週間かかるとありゲンナリ、咽頭炎を調べただけなのに、すごい重病人になった気分だ。

しかし、この咽頭炎は本当にきつすぎる、物が食べられなくなるのがここまで辛いとは。一か月ほど前のゲリピーとは次元が違う。

【病】急性胃腸炎で1~2日ほど苦しんでいました

というか、今現在、この記事を執筆している現在も咽頭炎は治っておりません。いまだ苦しみは続いております。

でもまったく更新しないと読者の人を心配させてしまうだろうし、下手をするとバルカズ死亡説が流れるかもしれないので、一応病気でブログ更新できない状態になっていたという
報告でございました。

みなさんも風邪だろうと軽く考えないようにしましょう。咽頭炎になると本当にきついですよ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でバルカズをフォローしよう!

◆ブログランキング参加中!

1日一回「おうえん」していただけると嬉しいです