新モデルSwitchにはシャープのIGZOパネルが採用されているとWSJが報じる

スポンサーリンク

ニンテンドースイッチの新モデル

今度発売される新モデルのSwitchには、シャープのIGZOパネルが採用されると報じられています。

スポンサーリンク

IGZOパネル採用とのWSJ報道

経済紙ウォールストリートジャーナルによると、8月に発売予定のバッテリー駆動時間が延長された新モデルのNintendo Switchと、9月に発売されるNintendo Switch Liteについて、本体の液晶パネルにシャープのIGZOパネルを採用していると報じています。

シャープの野村勝明副社長は、ゲーム機向けに供給する液晶パネルにの種類について問われた際に、「私たちが最も得意とするもの、IGZOだ」と答えたとのこと。ただしどちらに搭載されるかは明言しなかったそうです。

IGZOはインジウム、ガリウム、亜鉛、酸素から作られる物質で、シャープが2012年から販売している液晶パネルのブランドです。通常の液晶パネルと比べて消費電力が少なくて済み、高精細でタッチ操作への感度も高いのが特徴。

Switchの液晶パネルはジャパンディスプレイが供給していると言われていましたが、報道が正しければ新型とLiteからはIGZOパネルになるようです。

関連リンク:ウォールストリートジャーナル