話題のクソゲー『ファイナルソード』Switch版が配信停止!ゼルダの曲を盗用してた怪しい作品

スポンサーリンク

「ファイナルソード」のeショップページ

最近話題になっていたクソゲー「ファイナルソード」がSwitchで配信停止となりました。

スポンサーリンク

ゼルダの曲を盗用していた

7月2日よりNintendo Switchのダウンロードソフトとして配信開始されていたアクションRPG「ファイナルソード」が、7月6日にeショップで配信停止となりました。

配信停止になった「ファイナルソード」

本作はHUP Gamesという聞いたことのないメーカーからリリースされていたアクションRPG。とても現行機のものとは思えない酷いグラフィックとガバガバな当たり判定など、クソゲーとしてTwitterを中心に話題になっていました。

しかし問題視されたのは「ゼルダの伝説」の曲を盗用していたこと。街中で流れるBGMが、どう聞いても「ゼルダの子守歌」でした。

少しだけアレンジしているように聞えなくもないけど、これはさすがにひどい。

なぜ配信停止になったのかの詳しい理由は不明ですが、少なくともこれ以上Switchでクソゲーの被害者が増えることはなくなりましたね。なお僕は昨日買ってしまいましたが。

しかし停止したのはSwitch版のみ。まだiOS/Android版が配信中です。どうしても「ファイナルソード」をプレイしたい人は、それぞれのストアページをチェックしてみましょう。Switch版より1000円近く安い価格で配信されておりました。どういうことなの?

「ファイナルソード」のiOS/Androidはこちらにあるけど、、

関連リンク:ニンテンドーeShop「ファイナルソード」