Switch『幻影異聞録♯FE Encore』欧米版をベースにしていることが判明。露出の高い衣装などは削除か

スポンサーリンク

幻影異聞録♯FEのつばさの衣装
これはWiiU版のスクショです。

Switchで発売される「幻影異聞録♯FE Encore」。公式サイトで欧米版基準であることが記載されています。

スポンサーリンク

欧米版に追加要素が入った作品らしい

幻影異聞録♯FEのスクショ

NintendoSwitchにて2020年1月17日に発売予定の「幻影異聞録♯FE Encore」。任天堂とアトラスのコラボタイトルとしてWiiUで発売された作品に新規要素を追加してSwitchに移植した作品です。今回、幻影異聞録♯FE Encoreゲーム内容について、公式サイト上に気になる記載があるのがわかりました。

公式サイトによると、♯FE Encoreは欧米のWiiUで発売された「Tokyo Mirage Sessions #FE」をベースに新規要素を追加した全世界共通の仕様であると掲載されています。

幻影異聞録♯FEのつばさの衣装

「幻影異聞録♯FE」では、ゲーム内でキャラが様々な衣装を身に着けることができますが、中には肌の面積が多めで僕にとっては嬉しかった衣装や、水着といった肌の露出が高い衣装が存在していました。

しかし欧米版「Tokyo Mirage Sessions #FE」では、露出が抑えられた衣装に変更されたほか、水着も別の衣装に変更され存在していません。さらに角度によっては見えていた下着も欧米版では暗黒になっており見ることはできません。

登場キャラに設定されていた年齢は引き上げられたうえ、それに合わせてセリフも変更。DLCも一部リリースされていないなど欧米基準で多くの修正が施されていました。

今回、公式サイトで欧米版に追加要素が入った作品であると明言されたことで、我々日本ユーザーがかつて楽しむことができていたムフフ(古)な要素は無くなってしまっていると考えて良さそう。海外ユーザーは大変だなぁなどと思っていたら、これも時代の流れということなのか。

先日公式サイトのスクショが変更されたことが分かっていたけど、日本のゲームなんだから日本版は素材の味そのままにしてほしかったところだ。ゲーム内容自体はパワーアップしているし、新規の人からすればそこまで気になる部分ではないかもしれませんが、なんかモヤっとするのう。

関連リンク:幻影異聞録♯FE Encore公式サイト