【ネタバレ有】バージョン4.1クリア!結局「盟友カミル」は救われたの?

盟友カミル

「勇者アルヴァン」「盟友カミル」が活躍するバージョン4.1も、開始から早一か月。
そろそろラスボスを撃破した人も多いのではないでしょうか。

今回バージョン4.1でのストーリーについてのお話。結局「盟友カミル」は、
一体どうなったのでしょ?実はバージョン4.1をクリアすると、、。

※ストーリーに関するネタバレに注意。

スポンサーリンク

盟友カミルについて軽く紹介

2018年2月21日から始まったバージョン4.1「栄光の勇者と消されし盟友」
このストーリーでは、現代から1000年前のグランゼドーラ王国が物語の舞台となっています。

この時代には、「不死の魔王」が率いる軍勢が攻め込んできており、それに立ち向かう
「勇者アルヴァン」と「盟友カミル」が登場。彼らが戦った時代で物語が展開します。

アルヴァンとカミルについては、以前書いた記事で解説しているので、そちらのほうをチェックしていただきたい。

多くのプレイヤーが知っているように、現代でのカミルは、アルヴァンを土壇場で裏切った人物として、グランゼドーラの歴史からは抹消された人物となっています。実際バージョン4.1のグランゼドーラ城には、勇者アルヴァンと対となって盟友カミルの像が設置されています。

ところが現代のグランゼドーラでは、カミルの像は存在してません。歴史から抹消された人物ということもあり、壊されてしまったようです。

 

しかし、裏切ったとされるカミルの真実は、「王家の迷宮」で真実が語られていました。

「不死の魔王」に対抗するための禁術は、使用者の魂を犠牲にして使用するものでした。

アルヴァンはそれを知ると、カミルの命を守るために、竜笛を破壊して決戦の地へ行くことをできなくし、自らが代わりに禁呪を用いて「不死の魔王」を封じた、というものでした。

結果、「不死の魔王」は倒すことができたものの、アルヴァンの魂は穢れ、王家の迷宮に封じられることに。そしてカミルも、アルヴァンの後を追ったものの途中で力尽きてしまい、迷宮を彷徨う霊体になってしまいました。

その後、王家の迷宮に挑んだプレイヤーとアンルシアは最下層にいた暴走したアルヴァンと
戦います。倒されたアルヴァンは正気を取り戻し、アルヴァンとカミルは、
共に昇天していきました。

というのがバージョン4.0までのアルヴァンとカミルでした。しかし、バージョン4.1では、プレイヤーが歴史に介入したことで、この歴史が変わっていたのです。

歴史は変わったの?

バージョン4.1では、現代に現れた謎の化け物「魔獣ネロスゴーグ」を倒すべく、300年前の
グランゼドーラへタイムスリップしました。

ストーリーでは、アルヴァンとカミル、二人のために準備を手伝ってあげたり、カミルが求める「禁術」を探しに行ったりと、歴史に介入しまくっております。

物語後半、カミルが手に入れた「禁術」は命を犠牲にするヤバイ代物だと、
モヒプクがアルヴァンに話してしまいます。

それを知ったアルヴァンはカミルを呼び出し、夜の空へと2人で消えていきました。
どうやらその際に竜笛を壊したようですね。

その後、盟友がいない状態で不死の魔王「ネロドス」に挑んだアルヴァン。

盟友カミル ネロドス

そこにモヒプクが駆けつけ、共闘することになります。自慢の「真やいばくだき」を駆使しながら、不死の魔王ネロドスとの戦いを繰り広げます。

なんとか不死の魔王ネロドスに勝利したものの、禁術を使ったことでアルヴァンは魂が汚れてしまい、王家の迷宮へ、カミルもアルヴァンを追って王家の迷宮に行ってしまいます。

結局モヒプクの活躍むなしく、歴史は変わることなく、カミルは裏切り者として
扱われることになってしまいました。

 

ところが、バージョン4.1クリア後にある場所を調べてみると?

バージョン4.1クリア後に勇者の石碑を見ると?

モヒプクの力では歴史を変えることが叶いませんでした。

しかし、バージョン4.1クリア後に、とある場所を調べると、
大きな変化があったことが判明します。

それは、真グランゼドーラ城にある「勇者の石碑」

盟友カミル

ここには今まで、アルヴァンのことだけが書かれており、盟友カミルについては
一切触れられていませんでした。

ところがバージョン4.1クリア後に、再度「勇者の石碑」を調べてみると、、

新しい記述が書かれています。

その内容は、今はあえて伏せておきますが、是非クリア後に見ていただきたいと思います。
これ、意外と見落としている人いると思うんですよね。

バージョン4.1をクリアしてみて!

ということで、早い話がバージョン4.1をクリアしました。実は3週間ほど前にはクリア
していたんだけどねw。ラスボスは、それなりに強かったですけど、
困ったときは「真やいばくだき」です。

バージョン4.1のストーリーは、あまり長くはなかったんですが、
これまでプレイしてきたユーザーにとっては、良いストーリーにまとまっているように
思いました。

残念ながら歴史を大きく変えることはできなかったものの、勇者の石碑の内容が
変わっていたりと、ゲームらしいギミックで感動させてくれます。

クリアしたけど石碑は見ていない人は、ぜひ石碑を調べてみてね!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でバルカズをフォローしよう!

◆ブログランキング参加中!

1日一回「おうえん」していただけると嬉しいです