【道具鍛冶】「おもちゃ職人」の道は険しかった、、

おもちゃの丸い家

先日、道具職人で家具「おもちゃシリーズ」を製作することで、
お金を稼げるのではなかろうかと考え、
いろいろ作って試しておったサブキャラのルゥさん。

しかし、世の中そううまくはいかないのであった。

「おもちゃ」職人の道は険しい

前回、道具鍛冶で作れる「おもちゃの丸い家」「おもちゃの岩山」が、
バザーでいい値段で出品されているのを発見。
早速製作し、これをバザーに出品してお金を稼ごうと考えていたのだが、

 

二日経った現在、いまだひとつも売れずに残っているのであった、、、。

おかしい、、
そんなに高い値段で出品していなかったんだけどなぁ、、。

こちらが出品時の価格です。

おもちゃシリーズ

けっこうリーズナブルな値段で売り出していたんだけど、
これがまったく売れる気配がない。

どういうこのなのだろうかとバザーをのぞいてみたところ、、

 

おもちゃシリーズ

 

ええええ!?出品時と比べて大きく価格が下がっとる!!。

なんで、、どうして、、、。

なぜこのタイミングでいきなり価格が下がってしまったんだ、、。

 

もしかして、僕が記事にしたとかではないよネ?。
一応引っ越しではあるものの、2週間ほど前に立ち上がったばかりのブログ、
そこまでの影響力はまだないはずなんだが、、。

ともかく思った以上に値下がってしまい、うまみが一気になくなってしまった。
これではいけませんね。

しかし、あれから僕、

 

調子に乗っていろいろ「おもちゃシリーズ」を
作ってしまったんよね。

今回作ってみたおもちゃたちをお披露目しよう。

 

おもちゃシリーズ

おもちゃシリーズ

 

左から、

  • うごく箱舟号
  • おもちゃの空
  • おもちゃの草花
  • おもちゃのトンネル
  • オルフェア駅の模型・雪
  • おもちゃの草原
  • おもちゃの木

個々のレシピや価格は、各々調べていただきたいとは思いますが、
この中で高かったものを紹介すると、

「うごく箱庭号」は23000G、「おもちゃの空」は80000G、
「おもちゃの草原」は14000Gくらいはしましたね。

 

そして今回、思いがけず作ることに成功した
「オルフェア駅の模型・雪」は、

おもちゃシリーズ
現在バザーへの出品がされておらず、
僕が自由に価格設定可能な一品となっておりますw。

 

つまりこれを1億Gで出品しても構わんということですな~。( ͡° ͜ʖ ͡° )

 

ただ、先日から出品しているものがはけていない以上、
これらの出品がままならないんだけどなw。

どれも試しに製作してみたものではあるけど、
売れてくれないと純粋に赤字ですからね。

 

仕方ないので、自分で飾って遊ぶことに。
この手の家具は以前から知ってはいたけど、
家の中で飾ることはしてこなかった。

おもちゃシリーズ

適当に並べただけですが、ジオラマとしての基本的な形はできていますね。

できれば「うごく箱舟号」の線路をプラ〇ールよろしく連結して、
自由に伸ばすことができるとかできたら鉄道模型的な楽しみ方もできるんだけど、
まあ、無理だろうなw。

一応上の写真に写っている「おもちゃシリーズ」に関しては、
重ね置きに対応しています。
うまいことやって魅力的に飾るのも楽しいかもしれません。

 

しかし、「おもちゃシリーズ」はおいしいと思ったんだけど、
需要はあまり高くなかったか~。
そんなにたくさん買うものでもないしな~。

おもちゃシリーズ

安くしておけば、そのうち売れるとは思うけど、
そうなると儲けは少なくなるわけで、「おもちゃ」職人の道は、
思ったよりも険しいのかもしれない。

もっと別の稼げそうなものを製作してお金稼ぎしよう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でバルカズをフォローしよう!

◆ブログランキング参加中!

1日一回「おうえん」していただけると嬉しいです